チェン・ダオミンがタグ・ホイヤーのアンバサダーに就任

中国の国民的俳優が開くあらたなる扉
タグ・ホイヤーにとって「アンバサダー」は、とても重要な意味をもつ。みずからの製作する時計のイメージを語ることはもちろん、ブランドが掲げる方向性を着実に伝える存在として、タグ・ホイヤーはアンバサダーシステムにかねてから力を注いできた。人物の選出は実に多岐にわたり、2008年度F1世界チャンピオンのルイス・ハミルトンや2009年度F1世界チャンピオンであるジェンソン・バトンなどのレーサーをはじめ、ハリウッドのアクターであるレオナルド・ディカプリオやWTAテニス・チャンピオンのマリア・シャラポワなど、時代を象徴する顔ぶれも最近のアンバサダーとして記憶にあたらしいことだろう。

top_01_tag_heuer

同社が発表するアンバサダーはつねに“時代を映す鏡”でもある。創業150周年を迎えるこの記念すべき年、あらたに選ばれたのは、中国の国民的俳優である陳 道明(チェン・ダオミン/Chen Daoming)だ。先の10月、タグ・ホイヤーは中国・北京にて開催された記者会見にて、彼をブランドのアンバサダーへ迎え入れることを発表した。

1985年に中国で放映されたTV版「ラストエンペラー(The last emperor)」にて、主要キャストを演じて一躍その名を知られることとなった陳は、「囲城(Fortress Besieged)」(1990年)にて名声を確立。皇帝からマフィアのボス、気の弱いサラリーマンまで、幅広い役柄を演じることで定評がある、国民的俳優である。今回のアンバサダー決定にかんして、 陳 道明はつぎのように語る。

「日々の経験の積み重ねが、男性の財産になるのだと私は思います。演じるキャラクターたちの成功は、私がつぎに演じるキャラクターの基盤ともなります。だからこそ、このようなめまぐるしい業界に身をおいていても、私はリラックスしてそれらを享受し、決してあきらめることなく完璧さと理想を追い求めることができます。たとえ苦境にさらされても、それが男の価値を高めるのだと。自身のキャリアにおいて創造性と情熱を追求し、つねに自分に正直でありたいと思います」URL: http://www.yoshidawatch.xyz

今年の話題作と19世紀の名品復刻モデルに注目

「ジラール・ペルゴ」は今からおよそ150年前の幕末の時代に来日を果たした、日本にとても縁の深いウォッチ・ブランド。ジラール・ペルゴ社のひとりであるフランソワ・ペルゴが横浜に来し、日本にスイスの時計文化を広く知らしめた歴史をもつ。そのジラール・ペルゴがこの11月、大丸大阪心斎橋店にて「ジラール・ペルゴ フェア」を開催する運びとなった。

今年2010年は、4年前に発表されて以来瞬く間に同社のメインコレクションのひとつとなった「ジラール・ペルゴ1966」のシリーズが充実。同フェアでは「ジラール・ペルゴ1966」のモデルが多数来日し、はじめてコラムホイールクロノグラフを搭載した1950年代の丸型クロノグラフを彷彿とさせる「ジラール・ペルゴ1966クロノグラフ」や、やはり主力モデルのひとつである「ジラール・ペルゴ1966 パーペチュアルカレンダー」が日本で初公開となる。

top_665_01_T_90535_53_131_BK6A
 
 またこのフェアでもうひとつの見逃せない時計が、1860年代にコンスタン・ジラールが開発した「スリー ゴールド ブリッジ トゥールビヨン」の復刻モデルだ。1867年と1889年のパリ万国博覧会にて金賞を獲得したこのトゥールビヨンは、1982年コンスタン・ジラールへの偉業に敬して20個の懐中時計が復刻されたが、今年は満を持して28年ぶりの復活を果たした。新開発のデタント式脱進機を搭載するなど、ジラール・ペルゴの最先端の技術も同時に披露されている。URL: http://www.yoshidawatch.xyz

中央にダイヤモンドを配した、スペシャルなアルハンブラ

1968年の発売以来、そのシンプルさ、フェミニンさ、そして四つ葉のモチーフの普遍的な美しさより、多く女性から愛されてきた、ヴァン クリーフ&アーペルのアルハンブラ。

2010年のクリスマスシーズン、ラピスラズリのペンダントトップにダイヤモンドを配した限定モデルの「ヴィンテージ アルハンブラ ペンダント」が発売される。

ラピスラズリのラピス(Lapis)はラテン語で「石」、ラズリ(Lazuli)は「青」や「空」を意味するペルシャ語が語源。まさに青空を切り取ったような鮮やかなブルーが特徴だ。古代エジプトでは超自然的なパワーをもつ聖なる石とされ、日本でも昔から、仏教の七宝のひとつ「瑠璃」として珍重されてきた。現代においても、知力を養い、幸運を呼ぶパワーストーンとして広く知られている。URL: http://www.yoshidawatch.xyz

センターにダイヤモンドを配したアルハンブラは、この限定モデルのみというから貴重。おなじデザインのリングと組み合わせても、もちろんそのままでもエレガントな雰囲気を演出してくれる。身に着けるだけで、スペシャルな気分を味わえることはまちがいないだろう。

白トリュフにフォーカスしたスペシャルコースが登場

鼻を抜ける芳しい香りに秋を探して
キャビア、フォアグラと並ぶ世界三大珍味のひとつである黒トリュフ。しかし、世界でもイタリアでしか品質のよいものは採れず、そのうえこの時期にしか味わうことのできない“白トリュフ”は、そんな黒トリュフよりもはるかに希少性が高く、“イタリア食材の宝石”と称されている。

この香り高い高級食材白トリュフを中心に、さまざまなトリュフを味わうことのできるスペシャルメニューが、11月15日(月)より『ブルガリ イル・リストランテ』に1週間限定で登場。『ブルガリ イル・リストランテ』エゼクティブシェフ ルカ・ファンティンが腕をふるい、最高品質とされるアルバ産の白トリュフをふんだんに使用したメニューの数々を紹介する。また、11月21日(日)には、ミシュラン二ツ星日本料理『龍吟』より山本征治料理長を招き、一夜限りのスペシャルディナーを開催!
 

シェフ ルカ・ファンティンが『龍吟』の山本シェフとともにアルバ産白トリュフをメインに創作、日本料理とイタリア料理のコラボレーションが実現する。当日はシェフソムリエが厳選するイタリアワインをはじめ、すばらしい日本ワインとともに奥深い白トリュフの味わいを堪能することができる。

本イベント期間中には銀座タワー内『イル・バール』および表参道GYRE内にある『ブルガリ イル・カフェ』においてもシェフ ルカ・ファンティンが厳選したトリュフメニューの数々をご紹介。また、メートルショコラティエによるピエモンテ州の食材をもちいた限定チョコレートも販売される。イタリアの宝石 白トリュフ、その口いっぱいに広がる秋の香りに酔いしれたい。URL: http://www.yoshidawatch.xyz

400種類以上のビーズからカスタムスタイルを楽しむ

1976年、北欧デンマークに誕生したアクセサリーブランド、「トロールビーズ」。まるでどこか半貴石のようにうつくしい、個性的なデザインで瞬く間に人気を集めたブランドが、東京・新宿タカシマヤ店、小田急百貨店新宿店、そしてそごう横浜店に新店舗をオープンした。

トロールビーズは、北欧デンマークに住む森の妖精からのメッセージとして誕生した、まるで童話のようなエピソードをもつビーズ。それぞれのビーズが見せるユニークなデザインとなんともいえぬ味わい深い色味が、ほかにはない個性として人気を呼んでいる。デンマークのアンデルセン童話や神話、風景にひそむ物語からインスピレーションを受けて生み出されたビーズの数は、なんと400種類以上。女性はもちろん、“ジュエリー”と聞くと少し躊躇してしまう男性にも、自分の好みでビーズを自由に選ぶことのできるカスタムスタイルが楽しいと、好評を博している。

665_03_trollbeads
夏はチャームを付け替えることで何通りものつけこなしのできるピアスが登場したが、今秋ぜひ注目したいのが12星座をイメージしたデザインと、地球からインスパイアされたモチーフづかい。なかでも地球のビーズは、世界中のトロールビーズファンからの投票を集めてようやく復刻を果たしたという、同社でも高い人気を誇ってきたビーズだ。星の夢が心をあたためてくれる優しい風情、大地の恵みを感じさせるナチュラルなデザイン。深まる秋の装いを楽しむためにも、ぜひ取り入れたいアイテムの登場だ。URL: http://www.yoshidawatch.xyz/yoshidaw_all/05157p1.html

カール F. ブヘラ「カール F. ブヘラ」のニューアンバサダー

スイスを代表するレーシングドライバー、フレディ・バース。2010年、世界ツーリングカー選手権(WTCC)で活躍する彼は、おなじくスイスを拠点とする独立時計メーカー「カール F. ブヘラ」のアンバサダーとして迎えられた。ともにスイスのルツェルン生まれという共通項が引き合わせた、あらたなるパートナーシップ――“あきらめることのない夢への挑戦”が、両者の絆を結んだという。

フレディ・バースがカートレースへの参加をはじめたのは16歳のとき。「とにかくもういい大人なのだからあきらめたほうがいい」と周囲からは囁かれるほど、そのスタートは遅いものであった。しかしバースは最初のカートレースのために3年間貯金をし、時間の許すかぎりレースで勝つための努力をつづけてきた。“スピード”と、ドライビングに不可欠とされる“冷静さ”――そのアンビバレンスを追求する姿が、着実な製作をつづけてきた自社のスタイルに重ねられるとカール F. ブヘラは語る。バースは18歳のときリンパ節癌におかされるが、モータースポーツへの強い思いが彼を支えつづけた。カートレースをはじめてから14年後、30歳のときにバースは、ツーリングカーレースにおける世界クラスのドライバーたちと記録を争うほどの実力をもつようになる。2000年にはウィンフィールドワールドチャレンジで勝利を果たし、そして今年2010年には世界ツーリングカーレース選手権に初参加。現在すべてのラウンドでWCポイントを伸ばし、マラケシュラウンドでは第4位を獲得するという、新人としては過去最高となる成績をおさめている。またバースはスポーツ面ばかりではなく、チャリティ活動にも勤しんでおり、「こどもと癌――スイスリサーチ基金」への協力を果たしている。URL: http://www.yoshidawatch.xyz/yoshidaw_all/?ps=ps1

アウトドアスポーツに持っていきたいデジタルウォッチ

いざアウトドアスポーツへと出かけるとき、装備するグッズのなかでもとくに迷うアイテムのひとつが、URL: http://www.yoshidawatch.xyz/“腕時計”ではないだろうか。いつもはビジネス用に機械式のドレスウォッチを愛用しているひとも、サーフィンやサイクリング、ジョギングなどに出かけるときには腕時計を外してしまうことも多いという。しかし、スポーツを心ゆくまで楽しむためには、時をはかるための腕時計はぜひ必携したいアイテム。気持ちをビジネスからプライベートへ“切り替える”ためにも、それぞれのシーンに合わせて腕時計を付け替えてみるのはいかがだろう。

そんなアウトドアスポーツのための腕時計「RideONE 50」が、あらたに「SOMA(ソーマ)」から登場した。「SOMA」は“スポーツを楽しむ”をコンセプトとするデジタルウォッチのコレクション。今年はクロノグラフにくわえて、コンパス、高度計、天候予想、水分補給アラームなどの新機能を追加したモデルが発表された。これらの機能は、昨今流行のトレッキングやジョギングなどで、ぜひ体調管理のためにも取り入れたいもの。アルマイト処理をほどこし、耐摩耗性を向上させたアルミニウムケースを使用しているので、47.5mmという大ぶりなサイズながらも軽量である点がうれしい。発売された新作はシックな色味へと仕上げられたシルバー、ブラック、レッドの3カラー。これからはじまる秋のトレッキングシーズンにもきっと役立つであろう、スタイリッシュなモデルの登場である。

ピンクサファイアのやさしい色に、恋愛のサクセスを願って

その名に「成功」の意味をもつフレッドのアイコンジュエリー、「サクセス」コレクション。直線と曲線を絶妙なバランスで融合させたコンテンポラリーなデザインは、直線で女性の活動的で自立した一面を、曲線で女性が香らせる優雅な一面を表現している。人生のあらゆるステージにおける女性の成功(サクセス)を願って名づけられたコレクションは、アメリカのテニスプレイヤーであるヴィーナス・ウィリアムスに勝利をもたらしたジュエリーとしても知られている。ウィリアムスがリングを購入して試合に臨んだところ、みごとに優勝。その後のUSオープンでも26連勝を果たしたという勝利の逸話だ。その人気ゆえにコレクションもバリエーションを増やし、2010年には華奢なデザインの「ミニ サクセス」、動きが見せる優雅さを楽しみたい「サクセス モビール」も発表された。

 そして2010年9月11日(土)、銀座三越における「フレッド」ブティックのオープンを記念して新作「ミニ サクセス」の限定ジュエリーが発売されることとなった。登場したのはピンクサファイアをあしらったペンダント。サクセスは豪奢なダイヤモンドがほどこされたデザインが多く、今回の限定品のようにカラーストーンのペンダントはめずらしい逸品。ホワイトゴールドにピンクサファイアのやさしい色味が身につけるだけで気分を盛りあげてくれる。「ミニ サクセス」特有の華奢なデザインも重ねづけにもお薦めで、価格も10万円台というリーズナブルな点もうれしいところ。ことにピンクは、恋愛運向上の意味をもつとされる色。数ある女性の“サクセス”のなかでも、今年恋愛の願いをかなえたいひとには、ぜひお薦めしたいジュエリーだ。URL: http://www.yoshidawatch.xyz/

さりげなくまとうエレガントな夏の輝き

「フォリフォリ」からこの夏限定のスペシャルアイテムが届いた。ひとつは昨年末の発売時に絶大な人気を博した「ハートフォーハート」のネックレスコレクションから、ブランドの代表的なモチーフでもあるクローバーをイメージしたまばゆいパヴェの輝きが美しいリミテッドモデルが登場。4つのハートによって象られた大ぶりのクローバーを開けばハートが横に並び、まったくちがった表情を楽しむことができる2ウェイタイプ。カラーはエレガントなシルバーとフェミニンなピンクゴールドがラインナップ。

327_250_1
 ハートフォーハートネックレスコレクション

 327_250_2
Cutie Bowコレクション
そしてもうひとつは透明感あふれる大ぶりなシャンパンカラーのキュービックジルコニアをあしらったリボンモチーフの「Cutie Bow」コレクション。甘くなりがちなデザインも、シャンパンカラーでエレガントな印象に。中央にも1石のクリアキュービックジルコニアが配され、立体感のあるシルエットに仕上がっている。TPOを問わずつけられるさりげないデザインはデイリーづかいに最適! 胸もとや手もとを涼しげに演出してくれるだろう。シンプルになりがちな夏のスタイリングはアクセサリーが主役。プレミアムなリミテッドアイテムで差をつけたい。

アウディと1-2-3フィニッシュの喜びを分かち合う

今年で創業150周年を迎えるタグ・ホイヤー。高精度の計測機器と時計開発にいそしんできた同社の歴史において、「ル・マン24時間レース」とのかかわりはとても深い。1970年公開の映画「栄光のル・マン」でポルシェ917Kを操縦していたスティーブ・マックイーンはタグ・ホイヤーの「モナコ」を着用、この名モデルは一躍その名を知られることとなった。その後も1973年にフェラーリ312PBスポーツプロトタイプを誇るスクーデリア・フェラーリの公式タイプキーパー、およびパートナーに就任。2007年にはプジョースポーツとともにル・マン24時間レースに復帰し、2009年にはマルク・ジェネ

 top_01_tagheuer
アレクサンダー・ヴルツ、デヴィッド・ブラバムがドライバーを務めたプジョースポーツカー#9でともに勝利を分かち合うなど、タグ・ホイヤーはル・マン24時間レースとのかかわりを40年にわたり重ねてきた。