欠点はあまりに美しい――アテネClassico鎏金シリーズ精鋼腕時計

前の二日間を紹介した精鋼デザインのアテネClassico鎏金シリーズ大明火エナメル腕時計、そのシンプルなデザインで、大気の外観と卓越した技術も印象的。今、私達は引き続き説、それと同じ顔、「肌の色」によって別の1項の時計――靑盤面飾は太陽の癖をClassicoシリーズ鎏金腕時計。このスーツ表面を見ると、どこからでも十分に完璧なのだが、ある明らかな欠点:それはとてもきれいすぎて、すべてのそれを見る人も自動見落として落ち装着者で、焦点を当ててその身に。
アテネのClassico鎏金シリーズ3針腕時計、2015年に発売し、その出現をブランド傘下の流行の経典のシリーズを1枚新しい自制ムーブメントが、当時のそれではわずかバラ金デザイン発表。時価ブランド設立第170週年、アテネ大明火をもたらしたエナメル盤面の精鋼デザイン、それと同時に加入シリーズの他に三人の精鋼の新メンバーそれぞれ:明るい銀項(3203-136-2 /さんじゅう)、黒盤項(3203-136-2 / 32)や藍盤項(3203-136-2 / 33)それらのすべてを搭載し、ブランドの自制のCal.UN-320型自動的にムーブメント。
この表を見る時、文化がないの小編まず浮かんだのはいくつかの言葉は「きれい」「あら、本当にきれい」と「あまりTMきれい」。そのサイズと外観デザインの結合を含む(略成ラジアンの短い表耳、ブルーの盤面や、薄型の9.6mm厚さ)は、優雅と余裕の息吹を徹底的に解釈する。40 mmサイズのケースサイズの最初の密着腕、非常に、文字盤の锚式柄やケースサイドマークの金属板はアテネ表恒久で不変の経典の設計元素。