オーデマピゲ:源自汝穀の高級時計伝奇

千年以上にわたり辛酸洗練のスイス汝穀(Vall E eのJoux)、奇麗な自然風景蘊育出無限の時の宝。1875年にオーデマピゲ生まれた高級タブ芸術の揺りかご。じゅうななじゅうしち世紀の汝穀は、古い岩石や森林、原始の自然環境はここをほとんどできない農作物の栽培、「Nothing grew but rocksは岩が生息」。オーデマピゲ取締役会副Olivier Audemarsさんは「汝の穀の自然環境には人類の文明の発展、ここは大量の森や岩、地元住民もない栽培作物を通じて生計を立てているだけ、畜産業。その後、人々は、岩を製錬鉄鋼の技巧、毎年はちヶ月にわたる長い冬の中で、住民から家庭仕事坊の形式で時計ムーブメント部品の制作。西暦じゅうはち世紀末からじゅうく世紀、汝穀が迅速に発展して複雑な機能に時計制作の核心地域。」
西暦じゅうはち世紀、宗教と政府の背景の手工業協会の指導で、汝穀の時計匠大量家族単位の仕事坊各自がかってにふるまう、影の朽木生産高品質の時計部品。オーデマピゲ創始者Jules Louis AudemarsやエドワードAuguste Piguet真っ先に着目して生産品ムーブメントの懐中時計を汝穀制のビジネスの独立発展の機会を争う。西暦じゅうく世紀に入り、汝穀のタブ工房は発展全体のスイス複雑な機能時計制作の核心地域。
オーデマピゲにとって穀に、そなたは復雑機能開発だけでなくムーブメントの心臓部。更に重要な意義は、汝穀その地理環境のために保存して独立性も、常にブランドの中核であるオーデマピゲ付着オーデマピゲ始終専心于自分の所長は、ブランドの140年以上のタブ伝承を一つ一つに亘って価値の時計を持って作品。一枚ずつオーデマピゲ時計、我々の美学を込めて設計、タブ工芸と手仕上げの独特な見解と完璧な解釈。