チュードル表の新時代の標識— North Flag時計

過去、チュードルいつも無視され、多くのコレクターだけに目を向けるロレックスの小さい弟、しかし近年、チュードル現職のCEOのフィリップ・Peverelliの指導の下で、大胆に試みるの新しい技術を現実に変わる、2015年に、チュードルが開発した新しい設計の運動シリーズNorth Flag腕時計、これはチュードル第1枚の自給ムーブメントの腕時計、第1枚の動力がある表示機能のチュードル表も、第1枚のサファイア透視後のチュードル表、更に第1枚が金曜日に置き、月曜日は作を聞くような思いだっ
歴史上ほとんどチュードル表もみなしに簡単な公式で採用ロレックス有名なカキ式ケース内蔵エタムーブメントより兄貴ロレックス比較的低価格。これは2009年から変わってきたが、現首席執行官であるフィリップが舵を立て、レトロなスタイルの腕時計を導入した。全体の審美は良くなって、しかし帝の舵は依然として葉のムーブメントに依存します。
葉売りの腕時計は新しい時代の誕生をマークしている。これは1つの全く新しいデザインに入った一枚自給ムーブメントMT5621チュードル。こだわりの腕時計の外観は20世紀70年代の帝舵マンIIの啓発を受けているが、幸運なのは従来の機械表ではない。
にもかかわらず今日の標準によってケースサイズが中庸—表径40 mm —時計感じがしっかりしている。ケースのすべて—外形、表面の工芸と細部→すべて申し分のない完璧で、寸鏡の下で優れた視覚の楽しみ。とは言っても、ロレックスグループのケース工芸はそうですが、私はまだ過労家のどんなケースで働いていますか?ケースと表耳はステンレス一体化のブロックに加工し、ケース縁鋭直精度が印象的だが、ケースは全部つや消し処理、不足して像モンテカルロ時計そんなより細かいの細部研磨面取り。表圏は独特で、亜光黒の陶磁器と先端のステンレス表圏で形成されたダブルシートスタイルで、文字盤が特に強調されています。