一則スワナナビアのスワキヘルニアで冬の物語が

昔、シューナビヤ半島の北部の村では、非常に寒い日があって、すべての木が厚い雪を覆っていました。村人たちはクリスマスの最後の準備をしていました。ゆったりとした小さな木屋の部屋には、赤いリボンで編んだ花輪がかかっていて、空気中は自家製のクリスマスケーキの味です。
誰もが楽しく忙しくしていて、郵便配達員だけが非常に焦慮していて、小包を送る途中に荷物を落としてしまったからです。今晩のろうそくの木の下では、誰かプレゼントが取れなくなった。それはすべて彼の間違いだ。絶望の中、彼は振り返って、家に寄って、そのなくした箱を見つけたい。彼はとてもはっきり覚えています:それは魅力的な淡い青色の紙箱で、祝日の白い印紙が付いています。実は、その形は自分の小屋と似ているように見える。
ミガウスは雪の中を進んで、その落としたプレゼントを必死に探していました。かじかんであきらめたところに、巨大な杉の木の下でそれを発見した。彼は喜んで、すぐにそれを持ってきて、上の住所を見て、受取人の祝賀行事を急ぐ前に、小包を相手の手に送ることができる。
呆気にとられたのは、住所欄に自分の名前が書いてあるのを発見した。失ったのと見つけたのは自分のプレゼントだとは信じられない。彼は中身が何なのか気になって、すぐに箱を解体した。形の特別な箱の中には、彼の見たことのある一番きれいな腕時計:GDジャンプクリスマスおめでとう(SOZ 22 S、全世界限定番号版8 , 888匹)、新しいSwatCHのクリスマス特別リスト。表盤の虹の金箔は、一番好きな北極光を思い浮かべた。雪はミガウスの頭の上にひらひらと踊り、最後に表面ガラスと薄い青の表帯に落ちていて、まるで1つの美しい白い印紙の図案のようです。この時間にいつもちょっときつい郵便屋さんにとって、腕時計は全く完璧なプレゼントでした。