ドラフトのために生豪、雅カレラシリーズ

ドラフト時計は、豪雅が2014年に発売された旗艦店特売表。なぜドラえもんと言うの?私はしばらくどう説明するか分かりません。運転手の専用時計とは言えないでしょう。どのように説明するにしても、この時計はとてもきれいな外観があります。それは他の車と関係のある時計とはあまり違っています。特に、ほかの同じ年に発売されたキングケレンの限定版とは、さらに天と地の差がある。
ドラフトの腕時計は43ミリの表殻を持っていて、表殻材質は2つのバージョンを分けて、その1は精鋼のバージョンで、盤面の色は黒色で、ぴかぴかした精製の鋼の表殻はそれに強い反差を形成して、その上に装飾の効果の赤い飾りをつけて、それはとても風格があるように見えます。別のバージョンはチタンの金属版で、豪雅は2級のチタンの金属の材質を表殻として使うことが好きで、それを黒化して処理して、表の輪、表冠と同じです。
簡単で美しい腕時計と言わざるを得ませんが、スタイルにはやや軍表風がありますが、そうではありません。機能のデザインにも、多くのカウントダウン表とは全く違う。私は間違っていないで、この時計は確かに時計の時計の機能を持っていて、ただ相対的に言うと、それは正確に秒まで正確な程度まで、ただ簡単に分を記録します。実はこのような機能は多くのブランドでよく見られています。違うのは2点――その1、外圏の回転式ではなく、外輪を動かすことでカウントダウンを設定できません。実際には、10時位の赤い糸の冠を操作することができます。このようなデザインは通常の回転金を回転させて、さらに内に収束します。厚みの問題が解決された。