めったに内蔵されている潜水外輪、アイ美奔涛シリーズPT 6248潜水腕時計

エミーは独立したダイビング表シリーズではなく、エミーの誕生年に関係していたのかもしれないが、1975年にエミーが誕生したときには、潜水表の井戸噴年代を逃してしまった。ただし、ダイビング表は腕時計に必要なものとして、エミーは簡単に見逃すことはできません。そこで、エミーが多く見ていない潜水腕時計が駆け込みシリーズの中に置かれていたのですが、このように走り涛シリーズのスタイルが乱れているように見えますが、他のタンカーシリーズのデザインとは確かに違います。
しかしこれは、エミーが潜水表を作る専門的な態度には影響しないし、駆け込みのSダイビング時計は伝統を堅持し、専門レベルの潜水腕時計を持っている。外観から見ると、この時計は十分で、厚い表殻は直接人に安全な感じを与えて、表盤の上でやはり600 Mの防水を表示して、完全に人々が防水に対する必要に満足している。
この時計の直径は想像中の大きさで、わずか43ミリで、このサイズは小表ではないが、その厚い腕時計にとっては、直径はあまり大きくない。ディスクにも余分な機能がなく、簡単な3針のデザインがカレンダーウィンドウに加えて表示されます。夜光コーティングの効果は良いですが、針と時の落札だけでなく、潜水外輪の目盛りにも夜光コーティングがあります。
みんなの注意を知らないで、この時計の潜水外輪は多くのブランドと違います。潜水外輪ではなく、表の殻と鏡の内に置いていきます。これでは、潜水外圏の回転は普通の方式で実現してはならず、2時位置に回転ボタンを置き、潜水外輪をねじって回転することができる。腕時計について知っている人はこのデザインにあまりよく知らないが、その年の万国の海洋シリーズは独特の潜水外圏で、潜水表の足がしっかりと立っている。今では、世界でより大きな革新が行われており、このような内蔵の潜水外圏は、さらにはゴンドラの角に見える。