カルティエは千年の金属工芸を重くして新しいファラシの装飾表を作ります

カルティエは、世界とその神跡に強い好奇心を抱いて、2012年に人類文明の初期に誕生した金具工芸に対して、比類のない情熱を注いでいます。数千年の歴史を持つように、まれかつほとんど失伝の古い工芸品を再現させるために、カルティエは工夫を凝らして改良し、Roon de Cartierに腕時計を飾った。
金属珠粒の工芸によって作られた、Cartier d ‘ Artシリーズの高級腕時計は、紀元前三千年前半の古くから貴重な手芸をさかのぼって、新たな姿を見せている。この極度の複雑で、巧みに手を尽くした装飾工芸はイトルリヤ文明の初の千年が最盛期に達し、その代表作は「イルトリア金属珠粒」に飾られた古代の器物である。
金粒工芸は、カットした黄金の細線を高温で加熱し、小さな玉の粒を形成するまで、全体の過程は黄金をまく「種」である。そして、その黄金の粒を一粒一粒ずつ入れて、金質の底に溶け込んで、生まれてきた立体的な浮彫りの模様を作ります。