ロレックス2015バーゼルの新商品展の延長

2015バーゼル世界時計ジュエリー博覧会ロレックス新商品展示会
展示時間:2015年6月19日から7月30日まで、10 : 00から22 : 00まで
展示所:ロレックス界・上海市黄浦区中山東一路27号の1階
予約及びクエリの詳細:(021)332 0099
ロレックスは、上海外灘の世界で唯一のブランド体験センター「ロレックス世・界」(The Rolexエキスポンス)を6月19日から2015年にバーゼルの世界時計ジュエリー博覧会に発売した新しい腕時計を提出した。展示会は開幕以来、好評だったため、7月12日に終了した展覧会が7月30日まで延長される予定ですが、一般的にはこの新しい腕時計を予約することができます。
展覧会
カレンダー型40と新世代32 .
今年のロレックスは「カレンダー型40」の腕時計、950プラチナ、18 ctゴールド、ホワイトゴールドと永遠のバラ金4のデザインの中で、氷の青い表盤と格紋を持っているプラチナの金が最も明るいです。このような配色はロレックスでは珍しいです。夏には着外清涼としています。
心を愛する友人は、この表に搭載された14項の特許を持つ新しい355機のコアをさらに注目しているかもしれません。この機軸の板路は、カートリップの内壁の厚さの削減によって、伝動車輪系の「重ね付け」設計と新設計の特許Chronergyを捕らえて、著しい省エネ効果を達成し、動力の備蓄を70に増やすことができます。時間です。全体の精密度としては、32 , 55の機軸が天文台認証(CO欠陥)の精密な時計が2倍高くなっている。
独特のOYSTerFolX表帯
今回展示されたクラシック腕時計牡蠣式恒動遊覧船名仕型の新18 ctの永遠のバラ金黒時計金は、「OYSTerFolX」という超弾力金属片を包む超弾性ゴム表帯を装備しており、黒とバラの定番の配色が付いている。40 mmと37 mmのどちらが魅力的なのかというと、あなたが自ら上手に判断しなければならないでしょう。
宝石の象眼工芸
ロレックスは今年、39ミリメートルを搭載した3つのケースを搭載した3つのカートリエの「オイスターソースパール淑女型」の新金時計を発売した。華やかな外輪に、48枚のグラデーションの四角カットブルーのサファイアを象眼した。青はだんだん紫の赤、青は緑になって、オレンジ色が黄色になっている。です。
また、昨年発売されたクラシックスタイルのチェリニシリーズは、今年も宝石の冠によって、単外圏と双外輪縁の2つのデザインが選択されています。その中の2つの外輪スタイルは、1輪のピットの外輪とクラシックな三角穴の紋の外輪から構成され、ロレックスのクラシックな要素と新しいデザインを完璧に融合させます。
ブランド文化体験空間
「ロレックス世・界」に来て、新しい腕時計を見ても、世界中のブランドの歴史文化体験空間を見逃してはいけません。ここでは、静的な展、ビデオ、マルチメディア機器を通じて、ブランドの歴史、製表技術、協賛活動などを知ることができます。