スウォッチ グループ、バーゼルワールドを離脱

2018年7月28日、スウォッチ グループのCEOであるニック・ハイエック氏は、スイス・チューリヒの地方紙である「ノイエ・チューリヒャー・ツァイトゥング(Neue Zürcher Zeitung)」のインタビューで、2019年3月に開催される国際時計見本市、バーゼルワールドに参加しないことを明言した。理由として、彼は5000万スイスフラン(約56億円)という高額な出展料と、バーゼルワールドのメリットが薄れたことを挙げた。

オメガの商品開発担当副社長であるジャン=クロード・モナション氏も、筆者からの照会に対して、スウォッチ グループが2019年のバーゼルワールドに参加しないことを認めた。また、7月30日の午前9時(スイス現地時間)、スウォッチ グループは社内に対して、公式に不参加のアナウンスを行った。

ここ数年、オメガなど、スウォッチ グループ傘下の一部メーカーはハイエック氏に対して、バーゼルワールドに参加せず、代わりに各国での新商品紹介イベント開催を希望していた。関係者曰く「ハイエック・ジュニアはバーゼルワールドに留まる意向を持っていた」が、一転して、不参加を決定した。

バーゼルワールドに参加するメーカーは、2016年に1500社を超えたが、17年はおよそ1300社に減少し、今年は公式に発表されていないが、約650社(以前『クロノス日本版』では850社と書いたが、実数はさらに少なかった)まで減少した。主な理由は、ハイエック氏が述べた通り、出展料が高騰したこと、そして参加のメリットが薄れたためだ。かつて、時計メーカーは売上の大半をバーゼルワールドでの商談会によっていた。しかし、現在ではその割合が5割を切っているメーカーもある。加えて、ドバイなど世界各地で時計の見本市が開催された結果、バーゼルワールドの重要性は年々下がっていた。

当店は最高品質Nランクのブルガリスーパーコピー時計を取扱っています。ブルガリコピー等は全国送料無料、納期は1週間で、品質は2年無料保証になります。お問合せ:050-4560-1404 担当 脇坂