四十年一剣を磨き、Natilesシリーズ記念の腕時計を発売

175年以上の歴史を持つダブリーリーにとって、四十年の歳月は長くはない。しかし、四十年の光陰は、ナウティスシリーズの腕時計である。今年は、Nartilesシリーズ40周年に合わせて、100 %の限定記念表を2つ発売しました。それぞれはRF . 5711 / 1 PおよびRF . 5976 / 1 Gカウントダウンです。
ダブリーリーがNatilesシリーズ40周年に向けて発売された第1項の記念表は、限定700羽のNatiles REf . 5711 / 1 PプラチナのIWCスーパーコピー腕時計である。材質の面ではプラチナが採用されていて、第1項のNatilesはステンレス製の素材を採用しています。新しい腕時計の材質は、一連の製品の進化を象徴するためである一方、限定モデルに対する特殊な設定である。
Rof . 5711 / 1に採用された青黒双色の表盤とは異なり、Natiles 5711 / 1 Pは青色PVD処理の18 Kの金の表盤を採用している。同様にNatilesシリーズの典型的な横柄な図柄が装飾され、表盤の下には40周年記念の「40」と「74 – 6」という文字が飾られている。棒状の時計のマークは18 Kの材質を採用しており、方ドリルをはめ込んで、非常に高い気がします。
Natiles 5711 / 1 Pには、324 SC自動ブレスレットが搭載されており、大型の四腕Gyromaxの車輪やSilinvary素材を備えたスピリックスを備えており、周波数は1時間に2800回、毎日誤差範囲は- 3秒から+2秒である。Calber 324 SC機軸の大部分は手作業で完成しており、板端の円形の逆角に光を投げ、ジュネーヴの紋様、印紙彫刻、円形の紋様、自動振れを含むCalatraisa十字星の模様が大切。自動並べ陀は2 1 Kの黄金の材質を採用して、軽微な運動だけで自動的にチェーンの動力に転化することができます。