アークドロは金箔の彫花エナメル時に小針盤Only Watch腕時計を捧げた

「時間」は、他人に贈った盛礼でもある。Only Watchチャリティーオークションは、モナコによる筋肉萎縮症協会とその議長のルク・ベロ氏(Luc Pettavino)が主催し、10年ぶりに時計界の権威チャリティーオークションが行われ、モナコで最も有名なブランドや製表所に集結して競売に参加した。症の研究。
このオークションは2年に1回開催され、アークドロ(Jaacet Droz)は長年、そのパートナーとして、2015年にはこの創挙を続けている。Only Watchとアークドロは卓越して、長期の研究に取り組む共通の理念を持っている。この精神は今では非凡な時計として凝結しているが、アークドロ(Jaacet Droz)職人の最も優れた工芸は、まず、歴史のある金箔の彫花工芸である。
金箔彫花工芸は、ルネサンス時代の金銀器職人、すなわち細やかな金箔葉を用いて、器用に緻密な手法を取り入れ、浮彫模様を形成している。そして、非常に精細なエナメル工芸で、必要な色調と半透明エナメルの奥深さを得て、太陽線の紋様を躍起させた。アークドロ(Jaacet Droz)は、拉夏徳義の芸術工坊内で、この3世紀近くの装飾技術を伝承し続けている。しかし、伝統を尊崇しながら、ブランドも鋭意を求めています:アークドロ(Jaacet Droz)は、初の現代表金、すなわちブランドマーク性表金の1つ――時の小さな針盤(Petil Heing Minte)に、金箔の彫花工芸で43ミリの直径18 Kの黄金の殻を飾り、深紅の大明火(GrランドFeu)を組み合わせますエナメルプレート。この色調は非常に難易度が高く、Only Watchの開催に際して、アークドロ(Jaacet Droz)が完璧な精神を追求し、モナコの国旗の色と呼応していることを象徴しています。