飛亜達2015極限夜走活動(武漢駅)が来襲する

カラフルな6月、飛亜達グループはファンの時計を携えて深セン時計展に輝いた。上海、深圳の2つの駅「Yeah楽しい時間、走りましょう」の極限の夜走る活動は完璧に舞台裏を走って、飛亜達は江城に来て、“時間で腕時計のファッションを書いて、分秒の革新”の極限の精神を書いて、江城の武漢まで伝わっています。仲夏は7月に、飛亜達がブランドの親友を招待し、赤い“走る男”のスター・李朝が、飛亜達の武漢活動を助力し、「極限の「シリーズ」のお遍路首を幕にして、「一日店長」として、ドアダの忠実なファンと夜走活動の勝者のためにVIPクラスの暖かい男性サービスを献上します。
「Yeah時間、走りましょう!」飛亜達2015極限夜走活動第2駅:深セン駅、同様に線上の申し込み方式を採用します。申し込みは3時間以内で、300人を超えた積極的な応答を集めた。自らの極限精神に挑戦し、前向きな生活態度を尊ぶことを提唱し、多くのファン、スターファン、ファッション大カレーたちに人気を集めている。そして、「環球麗人」の陳子と陳涼子さんの領有は、参加者ごとに汗をかき、飛亜達に属する動感の時間を走りました。
時計展では、飛亜達グループの旗の下で各腕時計ブランドが非凡で、ゲストとメディアの称賛を得ている。ドアダブランドの展示館は、ダイナミックな極速運転をコンセプトに、限界シリーズの代表的な精神と気持ちを表現する。ドアダグループのブランド精神と完璧な製表の工芸は、各参加者の腕時計愛好家のために、国内トップの腕時計鑑賞の宴を見せている。