東方双緒腕時計——性価格より高い選択

東方両界は日本の時計ブランドで、ずっと機械の時計を作り続けていますが、今もそうです。このブランドは中国に入る時間が早いので、中国では比較的早い時計友を持っていて、その時の機械表が珍しいものなので、一部の市場を占領しています。今多くのスイスの豪勢な競争に直面して、それは親民の路線を変えて、その腕時計はすべてきわめて高い価格比を持っています。
入門の時計を挙げると、ティソはこの価格区間の大戸で、70 %ぐらいの人がこの価格でティソを選ぶことができます。しかし、ティソはあまりにも一般的で、人にうんざりしているような気がします。カシオもいいブランドですが、正式の場に出席すると、それをかぶってはいけません。
東方両界のように良い選択であるように、ブランド名はあまりにも小さいとは言えません。そのスタイルもずいぶん変わってきましたが、以前は冷たいデータのような「理系男子」になっていて、今では本格的な文芸の気質があります。この「顔」を見る世界は、メンズファッション日本の腕時計なので、アジア人の体質を気にしないでください。
日本は、細部を重視するイメージで、腕時計制作においても同じです。正装の時計によると、中国人が一番好きなものだということですが、東方双緒はこれに気をつけています。その上、この時計の価格はただ450ドルにすぎず、人民元に合わせて3000元にもなりません。この価格は1枚の良いティソを買うのはとても難しいですから、その価格は非常に高いと言います。