チャリティーオークションに出た李承�Yの時計

最近,スイスのラグジュアリーウォッチブランド”IWC”が,野球選手の李承�Y(イ·スンヨプ)の名前を取って作った”スペシャルエディション”時計を発売した。 全世界56本限定版で製作されたが,李承�Y(イ·スンヨプ)選手が記録したシーズン最多本塁打数と同じだ。 時計のバックケースには,李選手のサインとともに1から56まで固有番号が刻印されている。

Kオークションが13日から24日まで行われる”10月慈善+プレミアムオンライン競売”にエディションナンバー1とイ選手のバックナンバー36が刻まれた時計が出てくる。
李選手の直筆サインボールとバットが含まれており,落札者は李選手と一緒に食事できる機会を得る。 競売開始価格は1番,36番エディションもそれぞれ750万ウォンだ。 競売による収益金は,李承�Y野球奨学財団に寄付される予定だ。 また,俳優のイム·イェジンが寄贈したテディベア4点は,ドラマ’宮’の主人公を演出して作ったものだ。 次回の主要シーンを予告するエンディングシーンを飾り,人気を集めた。 限定数で製作されたテディベアで,競売価格は40万ウォンから始まる。

今回のオークションには,財団法人アルムジギが寄贈した李康孝の分庁受付と,財団法人イェオール社が発売した金ジュホ,金ジャイン,金ドンホの作品,ソウル国際音楽祭の前売り券,駐韓米国商工会議所ジャーナル社のコンサルティング担当者だ。

共に開かれるプレミアム競売には”100+大きい絵競売”が行われる。 大きな絵画競売は年に1度ずつ開かれる企画競売で,100号以上の大型作品を中心に披露される。 ソン·ジャンソプの300号作品’万物相’をはじめ,大きなキャンバスに秋の趣を表現した史石院の’晩秋’と’翡翠色飛鳳瀑布の紅葉’, 公共機関や公共美術,美術館,博物館または大きな空間がある企業や個人なら,注目するに値する。