アークドロロの熱帯風情に鳥の三問がジュネーヴに登場する

アークドロ(Jaacet Droz)の自動人形シリーズは、新たに熱帯の風情を持つ鳥三問表(Tropical Bird Rater)を11月30日にヨーロッパにデビュー。ジュネーヴで行われた展覧会は、スイスや世界各地からのメディアを引き付け、高級時計向けの盛大なパーティーをブランドとして組織した。
ジュネーヴはブランド歴史の起点で、創始者のヘンリー・ルイ・アークドロ(Heng – Lous Jaacet Droz)1784年は、この都市で自分の芸術と人文の生涯を開いている。創造力に満ちた土地で、ジュネーヴ初の時計を作って工坊を作り、開業当初から自分に属する複雑な機能時計の制作室を持つ。とても速くて、彼らはこの併設の都市の中で大々的に連鎖して、新興のブルジョア階級の人気の対象になりました。一方、アークドロは、地元の芸術圏と技術教育界の一重となった。
アークドロロの熱帯風情に鳥の三問がジュネーヴに登場する
2世紀の後、トップブランドのアクデロはジュネーヴのケビンスキー大酒店で、全ヨーロッパの時計家にファンたちに、レディースバッグこの熱帯の風情がある時に鳥三問表を出した。展覧会では、アークドロ首席執行官のChristian Lattmannさんがまず挨拶をし、その後はブランドの非凡な制表芸の三大時計シリーズである。自動人形シリーズに所属する熱帯情緒報には、ブランドの最新作となる。