カレンダーの表は、カレンダーの時計、万年暦に重複して7割引を表して違いがなにかありますか?

7割引はすべて年度、月、週の機能を指示するのがあって、それらの違いは“オートメーション化”の程度の上であります。

カレンダーが表して大きい小の月を識別することができて、しかしあるいは毎年の2月28日に29日にすべて手動で学校が3月1日着きを加減しなければなりません。

カレンダーに重複して表す大きい小の月を識別することができて、しかし閏年を識別することはできなくて、そのためいつも閏年の2月29日は一回学校を加減するのが必要です。

自動化程度が最高なのは万年暦が表すので、それは自動的に識別してあるいは平年年、大きい小の月を潤すことができて、特別な手動をして学校を加減する必要はありません。