ジャガー・ルクルトJaeger-LeCoultreの由来と面白い事

1833年にAntoineLeCoultreは表を作成する労働者の坊始めるのを創始して、時計をつくって全てLeCoultre標識を印刷して、会社はLeCoultre&Cie(ジャガー・ルクルトの前身)といって、至って1903年にその孫Jacques―DavidLeCoultreとEdmondJaegerが協力した後に、ゆっくりと今日Jaeger―LeCoultreのブランドがありました。

1903年、スイスの時計業界は漏らすうわさがあって、パリからのフランス海軍の専属の時計師EdmondJaeger(1858―1922年)は独占的な超薄のチップ設計を持っていて、来るスイスは作る能力があるメーカーを探します。

その時LeCoultre&Cie時計工場の中で制造部門の時計工場の創立者の孫Jacques―DavidLeCoultreが気前が良くてこの挑戦を受けるのを担当しました。

彼とEdmondJaegerのパートナー関係は次第に発展して互いを評価する友情になって、2人はいっしょに時計の史の上に最も巧みで完璧な超薄のシリーズの中の一つを製造しだして、2人の協力で隔たり(途切れ)がない関係もジャガー・ルクルト(Jaeger―LeCoultre)の誕生に助力しました。

だから腕時計の上の主なLogoはあなたは見たのがJとLの“体のオールインワンに変わる”であることができるなようで、次に英文Jaeger―LeCoultreです。