前衛的で力強く、新しい世界観を構築

アメリカ・ニューヨークに本店を持つ世界屈指のジュエラーであるハリー・ウィンストン。

これまで数々の複雑機構搭載モデルを発表し、独自の世界観を構築してきた。今年は、そのラインナップを継承しつつ、あらたなモデルが発表された。

特に「HW ミッドナイト・フェザー オートマティック 42mm」は、羽根細工で文字盤を装飾するという手法で、会場で大きな話題を呼んでいた。

さらに独自のザリウムケースに身を包んだ、レトログラード式第2時間帯表示モデルの「HW アヴェニュー・デュアルタイム オートマティック」やテクニカルな表情を持つクロノグラフ「プロジェクト Z9」は、ハリー・ウィンストンの世界観を前衛的に推し進めた感があり、今後の展開にも大いに注目したい。