宇舶表世界ブランド大使は、高複雑な機能研究部門を訪問した。

スイスのトップの製表のブランドのHUブログは世界ブランドの大使、国際ピアノの巨星郎朗を招待して、スイスニヨンの本社工場を見学しました。郎朗は世界の大権威音楽ホールで演奏し、世界各地からの聴衆からの賛美と拍手が収穫された。80日の世界ツアーで、宇舶表全世界ブランド大使であった郎朗が、バーゼルとレビシーの演奏会の間に宇舶表本部の工場を訪れ、宇舶表の制表の謎を身につけた。
この日は、宇舶表全世界最高経営責任者のリカド・ダルププン(Ricardo Gueralupe)を自ら迎えて、宇舶表の腕時計製造の詳細を詳しく紹介した。観覧当日には、演奏会で着用していたBig Buの炭素繊維のダイヤモンド腕時計を製表師と一緒に検討する。
今回も、この国際ピアノスターは、製表師の服装を着て、無数のカウントダウンを作った製表部門内で、現場で即興ピアノの創作を行い、それぞれのテーマをもって指先の魔法を演出し、宇舶表の「融合した芸術」ブランドの哲学を完璧に解釈した。宇舶表は今回のせっかくの演技のために、特に郎朗の演奏会専用のピアノを用意し、至高の聴覚効果を十分にアピールした。現場活動に参加した製表師や貴賓も喜んでいたが、その卓越した演技に深く酔う。芸術と同じような愛に基づいて、音楽と製表が密接に融合している。彼らは、このような独特な工夫をした製表環境の中で、郎朗の優れた芸術の才能を領有するのは実にすばらしいということです。