タキシードにも合う古典的シンプルモデル

アンティークショップで見つけてきた時計のような、抑制の効いた、しかしエレガントなスタイルの時計である。1940年代にフォルティスが製造していたドレッシーな時計に着想を得てデザインを起こしており、薄く丸みを帯びたベゼルが時計を優しく見せている。さらに、シルバー文字盤と、そのセンター寄りに施されたテクスチャーパターンの装飾が、優雅な雰囲気を醸し出している。ゴールド仕上げのドット+ローマンインデックや細身のペンシル型の時分針、さらにブルーの秒針は、程よいラグジュアリー感と気品を、この時計にもたらしている。しかも、現代の自動巻きムーブメントを搭載しながら、スリムな7.35mmのケース厚に仕上げられている。外装のアンティークライクなスタイルは完成度が高く、見事としか言い様がない。