国際ファッション腕時計が華南市場に進出しました。

毎年数百種類のデザインの腕時計を出して、四季の異なっている組み合わせに適して、価格ラインは1000元-10000元の間で、目標はあれらのファッションを求める人に命中します。これは世界のファッション腕時計企業の一部のマーケティング戦略です。今、彼らは中国華南市場を目指しています。先日、世界最大のファッション腕時計グループFOSSILが広州天河城で華南市場に初上陸するロードショーを行いました。
ファッション腕時計の消費はすでに中国大陸で盛んになりました。あるブランドのファッション腕時計は一年で20万匹も売れています。しかし、これらのブランドは北京、上海市場を重視していますので、今年から多くのファッションブランドの腕時計は戦略を調整し、華南市場を重点的に発展させました。
ファッション腕時計の売れ行きが好調です。
現在、ファッションウォッチは主にブランドと総合的なブランドに分けられています。前者は伯爵、カシオ、SWAATCH、ティソ、ロンジン、GUESSなどです。後者はアルマーニ、GUCCI、LV、Burberryなどがあります。また、アディダスなどのスポーツブランドも腕時計シリーズの製品を出しています。これらのブランドの中で、カシオ、SWAATCHなどは代理店が加盟する経営モデルを採用しています。各デパートに店舗を設置しています。アルマーニなどのいくつかのブランドは直営店の経営モデルを採用しています。同様に百貨店に進出して販売しています。このため、ファッション腕時計の売り上げが伸びているのは、百貨店の腕時計売り場の売れ行きが伸びていることを主に示しています。
記者は昨日天河城百貨店からこの半年間、デパート内のファッション腕時計は同期と比べて急激に増加し、CKは同40%以上増加し、GUESSは同50%増、カシオは同60%増、導入したばかりのアルマーニは毎月二桁の成長があると聞きました。広百と友誼商店のデータによると、今年の元旦の間に、名表の販売は前年同期比35%以上増加した。
百貨店のベテランによると、今は広州市場で人気のファッション腕時計の価格は2000元ぐらいです。購入者の多くは若いホワイトカラーで、主に本当の贅沢品より安いですが、デザインとブランドの誘惑力はとても大きいです。