新晋の表師は朗格表工場を訪問して表奥妙を見ます。

第六回ラングタブコンテストの参加者はゲーラの蘇蒂小鎮とドレスデンを訪れて、ラングの表工芸の奥義を深く理解します。今年の参加した若い時計師は全部で8人で、それぞれドイツ、オーストリア、スイス、フィンランドとオランダから来ました。
一週間のスケジュールで、ラングがスポンサーするドレスデンの数学物理サロン(Dresden Mathematicas and Physics Salon)とゲーラの蘇蒂時計博物館を訪問しました。彼らもランガー時計工場を見学して、いろいろなムーブメントの装飾工芸を探求しました。例えば、研磨、紋様の磨きと彫刻など、異なった腕時計の組み立て工程を認識しました。彼らは更に自ら陣取って、摆輪の副木の上で“tremblage”の彫刻とラングのムーブメントを組み立てます。
また、参加者たちは機会を把握して、ラング製品研究開発ディレクターのAnthony de Haasと相談して、ラングのタブコンセプトを理解します。彼は同時に参加者に今回の試合の任務を宣言しました。標準ETA 6498のムーブメントに正常に動作できるカレンダー表示装置を設置します。周暦の機能を備えた腕時計は普通時計、分針の外にあります。第三の中置針を入れて現在の週数を表示します。年度計画が便利で、とても実用的です。今から11月初めにかけて、参加者は約半年間で作品を完成する予定です。