オメガ時間計算記録2018平昌冬季オリンピックのハイライトタイム

2018年平昌冬季競技大会の開幕にあたり、スイスの有名な時計ブランドオメガ(OMEGA)が提供するタイムマシンが正式に登場し、オリンピック大会の素晴らしい瞬間を記録します。
オメガは2018年平昌オリンピックのために230トンのタイムマシンを提供しました。氷球とジャンプスキーの中の新しいタイムマシンは試合で重要な役割を演じます。
アイスホッケープロジェクトでは、オメガは一連の氷上監視システムを通じて、このプロジェクトに重要なデータを提供します。アイスフィールドのタイムテーブルにあるオメガのタイム計測システムは、すべての重要データとリアルタイム時間をスコアボードと他の受信端末に送信することができます。今回の冬季五輪では、オメガが選手一人の背中に動きセンサーを設置した。センサーは試合中にリアルタイムでデータ情報をキャッチでき、これらのデータ情報をリアルタイムでテレビの前の視聴者に送信することもできます。試合後の分析にも使えます。オメガが導入したアイスホッケーの哨戒音監視システムもレフェリーに利益を与えます。試合中にレフェリーには無線マイクが用意されていて、外の計時台のスコア係とコミュニケーションすることができます。アイスホッケーの哨音監視システムがレフェリーのホイッスルの音を捉えた時、タイミングは直ちに停止します。これは手動停止時間より少なくとも1/2秒速いです。