激しい峰の旗の下で多数のブランドの値下げの沛納海価格は3ヶ月連続で二回値下げします

今年5月には瑞表の輸出が8.9%暴落し、金融危機以来最大の落ち込みを記録しました。多くの有名な腕時計ブランドは値下げを選んで消費者の注目を集めています。イタリアの有名な腕時計ブランドの沛納海は三ヶ月以内に二回も値下がりしました。

今回の腕時計の「値下げブーム」は、多くの有名な腕時計ブランドに影響を与えました。バンダイ、ロレックスもその中にいます。毎年何百万枚もの時計を量産するブランドと違って、百達翡翠の年間生産量は限られています。基本的には2万~3万枚で安定しています。その利潤の伸びは価格の上昇によるもので、販売量の拡大ではありません。業界関係者によると、これまでの値下げ策は江湖での「独走求敗」の「表王」にとって、大きな影響はないかもしれません。競争相手がほとんどいないので、効果的に値下げするよりも、価格を上げて利益を再獲得するほうがいいです。

もっと多くのブランドにとって、状況は違っています。

ある瑞表代理店によると、ここ3年間で値上げや値下げをしていないロレックスは、実はいつも同行の動きや取引先の反応を見ています。最近の延保政策も同じランクのオメガとの競争チップかもしれません。もっといいです
バンダイやロレックスのほか、今年に入ってからはブランド別の動きもあります。
例えば、励峰傘下の腕時計ブランドの沛納海は、今年は2回にわたって値下げしていますが、2月に公定価格の引き下げを発表した直後に、5月に公定価格を下げて、下げ幅は約5%前後になりました。また、これまでの姿势が高かった腕时计ブランドの江诗丹顿は、昨年値下げした后、今年もぜいたく品の値下げの波に乗って、再び値下げしました。
「経済環境の影響に基づいて、ローエンドブランドに比べて、ハイエンドブランドの販売圧力が高く、キャッシュフローもさらに緊迫してきます。だから、価格などの戦略をとって、販売を活発化させます。」業界筋によると。