高級腕時計市場に挑むガーミン GPS技術で“プロ”訴求

海外では3月にMARQシリーズを発表済みだが、6月24日に日本市場でも発表した。海外モデルとは異なり、日本の準天頂衛星システムの「みちびき」に対応。また日本語フォントを搭載し、日本語表示を可能とした。

「日本は重要なマーケット。スポーツに対する強い文化があり、ユーザーにはイノベーションを見定める力がある。また腕時計の最も大きなマーケットの一つだ」と、来日したクリフトン・ペンブルCEOは話した。

国内では、ランニングウオッチやサイクルコンピュータ、登山向けGPS機器などで知られるガーミンだが、船舶や航空機メーカーへのGPS関連設備の納入がコアビジネスの1つ。FAA(米連邦航空局)が航空機のGPS使用基準を設けた際に、航空機向けGPSとして最初に承認を得たメーカーでもある。

小型ビジネスジェット機として知られるホンダジェットのアビオニクス(航空機向け電子システム)も、1990年代終わりからガーミンとホンダが開発してきたものだ。発表会に登壇したホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格社長は、「最先端のアビオニクスを使いたいと考え、世界中のメーカーと話をしていく中で、当時はまだそんなに大きな会社ではなかったガーミンに出会った。創業社長と会って、将来のビジネスジェットの姿やアビオニクスの姿について意気投合した」と経緯を話した。

2019最高級Nランクのウブロスーパーコピー通販です。当店のウブロコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。