クラシックにも新生IWC万俵ポルトガルシリーズ7日間の腕時計があります。

十五世紀と十六世紀の時期まで遡って、ポルトガルは海洋を探求する方面ではるかにその他の大国を超えて、そこですずめにその時の最もすばらしい航海の専門家になられます。彼らは新しい航海のルートと陸地を発見するだけではなくて、その後更にスイスの時計業に光彩を放つように促して、たとえその時すでに二十世紀の一九三六年ですとしても。当時、二人のポルトガルの商人ロデゲスとトリシェラがシャフハウゼンを訪れ、天文台の時計のような正確なステンレス腕時計を万国に注文しました。ポルトガルの腕時計が誕生しました。
万国の成功はその代表的なポルトガルシリーズと切り離せないと言えます。多くの人が最初に万国というブランドを知ったのはポルトガルシリーズのポルトガル七とポルトガルから始まったと信じています。去年、ポルトガルシリーズは創立75周年を迎えました。時計も全面的にアップグレードしました。技術と美学の面で多くの改善を行いました。また、ブランドの開発した自産52000型シリーズのムーブメントも全面的に新しいポルトガル腕時計シリーズのモデルに搭載されています。
この新しいバラの金のポルトガルの7(型番:IW 500701)、42.3ミリメートルのケース、ステンレスの青い針のあなたにあげる感じは1筋の清らかな泉のようだと言えば、このベージュの文字盤の金色の針の腕時計は見たところ更に熱いことを感じさせます。変わらないのは腕時計のデザインスタイルと表基準です。