バンダイはイギリス市場の腕時計の価格を5.5%値上げしました。

最新の財政報告書(2017年1月末まで)では、イギリスの輸入者と販売代理店のRhone Productsは、このグループの「主要リスク」について、イギリスの経済情勢とスイスフランの対ポンド為替レートによる消費需要の低下を率直に示しています。
昨年、Rhone Productsグループの売上高は14%から1.42億ポンド、純利益は630万ポンドに達した。同社の取締役は進歩に「うれしい」としているが、通貨の為替レートは購買と収益に圧力をかけているという。
昨年6月のイギリス公投以来、欧州連合からの贅沢なタブブランドの値上げはずっと市場のテーマです。イギリスのEU離脱後、アイビー、アレクサンドグループ(IWC万俵、カルティエと江詩丹トンを含む)と宇舶表などはイギリス市場の製品の価格を約10%引き上げた。過去一年間で、百年霊は更に二回製品の価格を引き上げました。2016年11月、ロレックスもイギリス市場の腕時計の価格を10%値上げしました。これは2012年以来、イギリス市場のロレックス腕時計が初めて価格の上昇を迎えました。
ポンドはスイスフランに対して下落し、過去12ヶ月間でスイスの腕時計のイギリス市場への輸出価格が大幅に高騰し、イギリスとその他の主要市場での販売価格の差が縮小し、現地の小売業者の収益圧力が増大しました。現在、イギリスはスイス時計の世界第4位の輸出市場です。