陶磁器の腕時計はどうやって分解してガソリンと故障の点検をしますか?

機械表はもう四年ぐらい分解していないなら、一度分解して洗って給油したほうがいいです。機械は正常に動いていますが、潤滑油が揮発して乾くと動きが続き、部品が磨耗しやすくなります。また機械が正常でない時に分解してガソリンを入れると、一部の部品が損傷したり、修理が難しくなります。陶磁器の腕時計もそうです。
陶磁器の腕時計は分解して洗って給油して、陶磁器の腕時計は使う過程の中で、時間の問題のため、機械の上の油は時間に従ってゆっくりと乾かすことができて、このように摩擦を増大して、機械の回転抵抗力を増大させて、腕時計の精度が下がることを招きます。また、ほこりが機内に入って、シミができます。ですから、陶磁器の腕時計はしばらくの間使ってから、分解して洗ってガソリンを入れる必要があります。
陶磁器の腕時計は分解してガソリンを入れる必要がありますが、この時間はどれぐらいかかりますか?これは一概に言えません。機種によって違います。この時間帯は把握が必要です。精密度の高いものはよく取り外すことができません。そうすると、部品の凹みが落ちて、正常な機能に影響します。具体的には分解してガソリンを入れる必要があります。ケースの密度の程度によって、一般的な防水腕時計のケース密度は比較的に良いです。分解して洗って給油する時間は長くなります。もちろん、これも柔軟な方法です。私達が使っているうちに腕時計の動きがだんだん遅くなってきていることや、ぜんまいに足りない時間が長くなりました。これは機械の正常な使用と延命を保証する最も有効な方法です。