改ぞう表は誰でもできるというものではない。

多くの時計愛好家を信じて、三四千の腕時計を身につけて、三四万の腕時計を換えたいです。新しい腕時計が買えたら、また違った新しい柄を作りたいです。
このような心理状態は大通りにあふれている人がすべてiPhoneを使っていますが、多くの人が携帯ケースを装着しているように、携帯を保護する以外に、もっと多いのは美観と特別なためです。
この角度から見ても、なぜ改ぞう表が人気を集めているのかは説明に難くないです。
改ぞう表の目的はお客様の腕時計を元にして、再加工して、腕時計のデザインを個性的にすることです。
18年の巴展で、幸いにも「労改」ブランドのBlakenに出会いました。綺麗かどうかはともかく、草緑色の文字盤の迪通は目を引いています。
同じように、ロレックスを変えることで有名なもう一つのブランドはBamfordといいます。腕時計の改装業界を総称して「2 B」といいます。名前はユーモアですが、とても人気があります。