今日の時間は一秒多くなります。「7:59:60」現象が発生します。うるう秒現象です。

地球の自転速度が遅いため、今日の午前7時59分には通常の60秒ではなく61秒が含まれます。紹介によると、国際地球自転サービス機構と国際地球時間局は地球の自転変化の状況によって、全世界はイギリスグリニッジ時間の2012年6月30日23時59分59分に一秒増加し、23時59分60分と記録し、翌日の00時00分からと発表しました。北京時間に対して、つまり7月1日7時59分に一秒増加します。7時59分60分の特殊現象が現れます。それから8時00分です。2000年に入ってから、「うるう一秒」は3回目です。
自分で時間を調整しますか?携帯の時間は自動的に調整されます。
今年の1月より、今日は閏一秒ということが分かりました。国際地球自転サービス機構と国際地球時間局は半年前にうるう秒を発表するのが普通です。
普通1分は60秒ですが、うるう秒のために、1分61秒という現象があります。今年、全世界はイギリスのグリニッジ時間の2012年6月30日の真夜中で、つまり2012年6月30日23時59分59分59分に一秒を増加して、23時59分60分に現れて、それから翌日の00:00です。中国は「東八区」にあるため、対応する北京時間は2012年7月1日7時59分59分です。うるうの1秒は7:59:60で、それから8:00です。「つまり7月1日は一秒が多く出ました。」
61秒目は人為的に加えられたものです。原子時計には「7時59分60分」と表示されます。これは普段から見ても不思議な時間です。国家授時中心時の周波数基準実験室の董紹武主任によると、世界中の原子時計に「×:×:60」という珍しい時間が出現するという。
紹介によると、国家授時中心時の周波数基準実験室はすでに準備が整っていて、北京時間の今日7時59分59分59分に世界と同期してうるう秒の調整を行い、7時59分60分の特殊現象が現れました。でも、董绍武さんによると、この余った1秒はみんなで调节する必要がないということです。「携帯電話の時間は通信基地局から来ており、自動的に調整される。一般的な腕時計はテレビ局やラジオに合わせて調整されます。電波時計は自動的に調整されます。ほとんどのコンピュータは、手動で調整する必要がある場合、学校のソフトウェアをインストールすれば、自動的に位置合わせができます。」