なぜうるう秒が現れますか?地球の自転はだんだん遅くなります。

「地球は誕生から現在に至るまで、無数のうるう秒が生まれ、さらに累積して1時間、数十分が経過しているかもしれない」董绍武さんは以前は監視手段がなかっただけで、人々は知らなかったと言いました。
これはすべて地球の自転がだんだん遅くなる結果です。董绍武さんによると、この数年来、全世界で負の閏秒現象が発生したことはなく、つまり、地球の自転はこれまでますます速くなったことはないということです。むしろますますふらふらしています。私たちが持つ時間はだんだん長くなります。科学者たちの観測によると、地球は毎日1ミリ秒ずつ遅れています。「地球の自転には多くの機器が監視しています。いろいろなパラメータがあります。我が国も監視しています。これらの監視データは国際的に共有されており、0.9秒がキーポイントです。臨界が近づいてきたら、半年前にうるう秒を宣言します。
地球が自転するのはなぜだんだん遅くなりますか?中国科学院の紫金山天文台の専門家によると、地球が遅くなり、様々な要因が関係しています。その中で科学者たちは関係が一番大きいのは潮汐からの摩擦力だと考えています。地球が液体やガスの回転を動かすにはエネルギーが必要です。また、太陽や月も地球に作用します。地球は歩くのがだんだん遅くなります。歩いていると歩けなくなるかもしれません。」専門家によると、この問題は科学者たちがまだ研究中だという。