やはり破格なオリエントの新作はメッシュブレスレットを採用

オリエント コンテンポラリーコレクションは、流行に左右されない普遍的な価値を追求した意匠を共通の魅力としている。ニューモデルも飾らない文字盤を基本に細いバーインデックスと針を用い、メッシュブレスレットをセットしてクラシックを体現するデザインを構築している。

ダイアルカラーはモノトーン系のグレー、グリーン、ホワイトを揃え、中3針が自動巻き、スモールセコンド付きがクオーツという区別をしている。いずれも日常使用に耐えられる防水スペック(自動巻きが10気圧防水、クオーツが5気圧防水)を確保しており、気兼ねなく着用が可能。そして何より注目してもらいたいのがプライスで、自動巻きが3万800円、クオーツに至っては2万900円という良心的な設定。これは、古くから時計製造のノウハウを積み重ねてきたオリエントだから成しえたものといえる。