5度目の世界記録が証明するオクトの圧倒的ポテンシャル

2014年の世界最薄トゥールビヨンを皮切りに、2016年の世界最薄ミニッツリピーター、2017年世界最薄自動巻きムーブメント、2018年世界最薄自動巻きトゥールビヨンと続き、今年は世界最薄自動巻きクロ ノグラフを発表。一方、ジェラルドジェンタのアイコン復活で、先達への敬意も示しました。エッジィなイタリアンデザインとスイスのクラフトマンシップを融合させ、5度目のワールドレコードを達成したブルガリに、もはや限界はありません。