パテック フィリップは手の届かない高嶺の花か?

ここまでの歴史を振り返っただけでもパテック フィリップがいかに特別な存在であるかがわかりますが、トミヤ タイムアート店 時計部門マネージャーの山田 恭裕さん曰く、「パテック フィリップは決して手の届かない高嶺の花ではない」そうです。今回、中国地方で同ブランドを扱う名店として話を聞きました。

「当店の2階にお越しいただければ、いつでもパテック フィリップのタイムピースをご覧いただくことができます。実際に手にするとお分かりいただけると思いますが、どの時計も細部まで徹底して作り込まれているため、製造本数は決して多くありません。その希少性もまた人気の理由になっており、日々多くのお問い合わせをいただいております」