ブシュロンは中秋節が大好き

1858年の設立以来、ブシュロンは宝石の物語と意味を非常に重視し、豪華でユニークなジュエリーを通してその感情を伝えてきました。 パリ、vu du 26シリーズのハイエンドジュエリーデュオタイユエメラルドカットフィンガーリングとロングネックレスは黄色のベリルで作られ、クリスタルクリアな宝石は、空中の明るい月のように、純度を表し、光を放ちます。 宝石も強さを表しており、外国であっても、家族は常に彼らの背後にある力と感情的なサポートです。 満月の夜には、深い感情が素晴らしい宝石に変わり、再会の喜びをお楽しみいただけます。

また、リングは中秋節の良い仲間です。 ブレスレットはエメラルドカットのオニキスサファイア、ブラックオニキス、ダイヤモンドで作られており、ブラックオニキスとダイヤモンドは星空の夜空のようで、サファイアは月が高く垂れ下がっている、明るい月光の絵を象徴しています。 見えてくる。 リングで使用される積み重ねと象嵌のプロセスは宝石の輝きを際立たせ、エメラルド型の切断プロセスは月と雲を切断し、幸福に幸福を加え、未来への期待を加えるようなものです。