反転液晶を採用し、シックな印象に仕上がったニューモデル

初代モデル「GW-5000」のデザインを継承したスクエア型のケースに、初の完全メタルケースが採用された「GMW-B5000」は、発売と同時に大きな話題となりました。

同モデルは、G-SHOCKのコアテクノロジーである中空構造を見直すことで、耐衝撃構造が進化。メタルベゼルと本体ケース部の間にファインレジン緩衝体を挟み、フルメタルケースでも耐えうる新たな耐衝撃構造となっています。
また、もっとも衝撃が加わるバンド取り付け部には、高い耐衝撃性を誇るTROGAMID®(トロガミド®)を採用。バンド取り付けパイプに加わる衝撃も低減しています。加えて、見やすさにもこだわり「フィルムソーラーセル」や斜めの角度からでも時刻表示が判読しやすい「STN-LCD( 液晶)」を用いることで、視認性の向上も追求されています。

今回の新作は、フルメタル化を実現したケース・ベゼルに、鮮やかな発色を実現するIP(イオンプレーティング)表面処理を施した、ブラックと ゴールドの2モデルをラインナップ。ブレスレットをヘアライン仕上げにし、反転液晶をセットすることで、シックで高級感あふれるフルメタルG-SHOCKの魅力を最大限に引き出しています。