フランスを代表する最高峰メゾンが衝撃のSIHH初出展

エルメスは、馬具工房に始まり、皮革製品を幅広く展開して世界的メゾンに成長。現在ではバッグやプレタポルテ、テーブルウェア等も扱う。時計製造は1920年代に着手し、スイス・ビエンヌにラ・モントル・エルメス社を構える。
これまでバーゼルワールドで新作を公開していたエルメスが、マニュファクチュールとしての技術の革新と、歴代モデルに対する時計界からの高評価を受け、今年からSIHHへの出展を開始。少数精鋭の新作にも「既成概念にとらわれた時計は作らない」というポリシーが貫かれている。