歴史的傑作モデルが揃うパイロット時計

航空時計で最も重要なスペックは、まず第一に、真上から降り注ぐ太陽光下でも瞬時の視認性に優れていること。さらには耐久性や耐磁性、計算尺ほか計時精度etc.。20世紀初頭から果敢な挑戦を続けてきた4ブランドとその傑作を紹介します。

IWC は1936年に製作した最初の航空時計に続き、1940年には軍用基準に適合した「ビッグ・パイロット・ウォッチ52T.S.C」を製作したブランド。当時としては先進的な耐磁性を両機はすでに備えており、早くから耐磁性の重要性を知っていたといえます。現在もその歴史は継承され、耐磁性に優れるパイロットウオッチを多数輩出しています。