月面着陸待機-オメガマークⅡ

中秋節では、皆様に幸せな再会と幸せな休日をお過ごしください。 もちろん、中秋節といえば月を賞賛する必要があり、太陰暦の15日目に古代人は月が地球に最も近いと計算しました。 この秋の日には、一年を通して最も明るく、最も大きく、最も丸い月を見ることができます。

古代から、月に対する人々の好奇心は止まりませんでした。 チャンエは月に逃げ、ウー・ガン・ファギは古代人の月への憧れの表現でしたが、月に着陸するという夢は伝説にしか残っていません。 50年前まで、アメリカのアポロ月面着陸プログラムは、ついに人類からの小さな一歩を達成しました。

1969年7月21日(UTC)の2:56に月を踏んだとき、初めて月から地球を見たとき、私はこの青い惑星を大きな感情で見ました:長年走るという夢がついに実現しました。