ブランパンのスーパートロフェオアジアチャレンジが無事終了

日本の最高峰である富士山のもやの下で、富士国際サーキットは特別なレースで幕を開けました。エンジンの血まみれの轟音を伴って、18台のランボルギーニスーパートロフェオ車が雨の中をフィニッシュラインまで駆け抜け、2012ランボルギーニブレイパースーパートロフェオアジアチャレンジの第2レグを無事に終えました。 5月の終わりには早くも、マレーシアのセパンインターナショナルサーキットでこのイベントの人気が高まっています。今週末、イタリアのスーパーカーメーカーランボルギーニは、高級時計製造の巨人ブランパンと手を組み、純粋なイタリアンスタイルの情熱と活力を神秘的な極東に吹き込みました。

このレースに参加しているほとんどのドライバーは、ほぼ完全に富士インターナショナルサーキットに慣れていないため、このサーキットはランボルギーニドライバーに前例のない課題をもたらすことになります。 1965年に外に開かれて以来、Fuji Speedwayはレーシングワールドで長い間知名度が高く、F3とF1チャンピオンシップを獲得したMichael Schumacher、Tom Christensen、Lewis HamiltonはすべてFuji Speedwayに出場しています。

ランボルギーニブレイパースーパートロフェオアジアチャレンジの責任者であるクリスティアーノインヴェルニ氏は、次のように述べています。「今週末のレースは、参加するすべてのドライバーのテストです。富士スピードウェイは、ドライバーに対する要件が高く、アジアで最長です。まっすぐなのでスピードも速くなりますが、上り坂と下り坂のカーブが増えるため、ゲームの難易度はさらに高まります。私たちの手は常にトラックに順応していますが、その優れたパフォーマンスは私たち全員を驚かせました。」