WithingsがiPhone接続をサポートするスマート血圧計を発売

Withings氏によると、BPM Connectは米国食品医薬品局(FDA)によって承認されており、心拍数、収縮期血圧および拡張期血圧の測定値を色分けして正確かつ即座にフィードバックすることを目的としています。

BPM Connectを使用すると、デバイスに直接表示できるため、ユーザーはデータや関連する説明をスマートフォンに頼ることができなくなります。

同期が必要な場合、BluetoothまたはWi-Fiを介して、サポートするWithings Health Mateアプリケーションにデータをワイヤレスで送信することもできます。

ウィズイングスはBPMコアに関して、ヨーロッパで上場されており、今年後半に米国で発売されると述べた(FDAの承認が必要)。

BPMコアは、血圧を測定し、心電図を記録し、デジタル聴診器を使用して心臓を監視できる、処方箋なしの最初の統合型デバイスであると報告されています。 3つの重要な測定値を取得するのに90秒しかかかりません。

Withings氏は、BPM Coreは心房細動や弁膜症などの潜在的な心疾患をスクリーニングするように設計されていると語った。 LEDディスプレイと高度な同期オプションを備えており、心血管の読み取り値を簡単にキャプチャ、表示、共有できます。

価格に関しては、BPMコアは249.95ユーロ/ 229.95米ドルで、ヨーロッパのApple Store、オンラインストア、またはWithingsの公式ウェブサイトから購入できます(米国市場は今年後半まで待機します)。