時計と中国文化の切っても切れない愛

冒頭では時計の話はしませんが、まず中国の文化についてお話したいと思います。 中国の文化といえば、何を思い浮かべるか分からないけど、とにかく「広くて奥深い、長い歴史のある」というふうに思います。 なぜこれらの2つの言葉は私の教育経験によるものなのかを説明します。 リベラルアーツの学生として、私は高校で政治教科書を何度も行ったり来たりしていましたが、この2つの言葉は文化の面でもまだ覚えています。 大学時代に中国語を学び、中国の文化をよりよく理解できたので、なぜこの2つの言葉が中国の文化を説明するのに使われたのかも理解できました。

たとえば、クリスマスやバレンタインデーなどの海外のフェスティバルは、特に若者に人気があり、私たちのフェスティバルよりも人気があります。 もちろん、グローバル化を前提に、各国の文化の相互学習や交流に問題はなく、やっぱり外国人も春祭りを祝います。 しかし、中国の文化は私たちの生存の根源であるため、中国独自のフェスティバルが最初に置かれるべきです。