ほぼ水没した独立ブランドの衰退

2016年12月初旬、スイスの家族経営の時計製造会社であるブライトリングが売却されるとのニュースが時計業界で発生しましたが、それが事実であれば、2014年にアテネがケリング社に買収された後の、もう1つの大型時計業界の買収事例になります。 スイス時計の輸出データが減少し続けてから2年間で、大規模なグループ、独立系ブランド、サプライチェーンで新たな変化が起こりました。 ブライトリングのような家族経営の時計製造会社はスイスでも少なくありません。彼らは独立していて、大規模なグループが支配する市場環境で「苦労しています」。 かつては有名だったクインクンクスの時計がその典型で、現在、若者の心の中では基本的に知られていません。