大ヒット中のCODE 11.59に特別なトゥールビヨンとフライバックをダブル搭載

2019年にデビューした「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」は、オーデマ ピゲにとって実に23年振りとなる完全新コレクションとして注目された。モデル名の「11.59」が示すのは、新しい一日が始まる直前である“11時59分”。ある意味、同社の凄まじい意気込みを具現化させたものだった。

発売以来、世界的な人気ぶりで、日本においても好調と聞く本コレクションに、新たに加わることになったのが「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ フライング トゥールビヨン クロノグラフ」だ。自動巻きフライング トゥールビヨンのみでも複雑なメカニズムといえるが、ここにフライバッククロノグラフを同時搭載するという離れ業を成し遂げている。スーパーコピー時計本機はわずか50本しか製造されない希少さと相まって、今年を代表するハイコンプリケーションウオッチと挙げられるに違いない。