シンボリックな4ダイアルモデルにトレンドのグリーンを採用

メカニケ・ヴェローチは2006年、4バルブエンジンのシリンダーヘッドにインスピレーションを得た4窓を備える「クアトロヴァルヴォレ」で華々しくデビューを飾った。その特異なデザインを生かし、2016年に時計製造の一大生産地であるスイス/ジュネーブに拠点を移した後に発表したのが、もうひとつのフラッグシップコレクションとなっている「アイコン」である。

そのアイコンのニューモデルは、サーキュラー模様を施した鮮やかなグリーンのダイアル2つと、スピード感を演出するカーボンダイアル2つの「アイコン ヴェレーノ」である。ヴェレーノとはイタリア語で“毒”という意味。ややショッキングなネーミングだが、これには時計業界に参入した当時から、機械式ムーブメントを4個搭載した4タイムゾーン表⽰や、めずらしいフレッシュグリーンの文字盤を取り入れたチャレンジャーであったことなど、時計界の“⽣意気”な存在として常にイノベーションを起こすブランドであり続けたいというコンセプトより、名付けられたものだという。