高級時計を購入したいですか? 最初にこれらのエントリーモデルについて学ぶ

オメガは、時計の購入当初から多くの人々が熱心なブランドであり、そのスタイルもまばゆいばかりです。ブランドの最もクラシックなエントリーモデルとして、ディスコシリーズは、フォーマルな場面に非常に適したシンプルでエレガントな外観と紳士スタイルを特徴としています。 着る。

時計は直径39.5 mm、厚さ10 mmで、銀色の同心円状のダイヤルと3時位置にカレンダーウィンドウが付いたステンレススチールケースが特徴です。 2500D COS認定ムーブメントを装備したPower Reserve 48 Xiaowanguoは、「高級時計エンジニア」として知られており、アジア地域で良い市場を持っています。 ポルトフィーノは、シンプルな形状と控えめなデザインで多くの注目を集めており、IWCにとっても比較的簡単なシリーズです。

クラシックツアーヴァシュロンコンスタンタンRef.92900クロノグラフ

少なくとも自動車の世界では、それが出てから数十年後に何かが再起動するのを見るのは珍しいことではありません。 少し前まで、アストンマーティンはクラシックな高性能スポーツカーDB4GTをコピーし、ジャガーは25の伝説的なDタイプを再構築すると発表しました。これは1956年に廃止されました。 時計製造の世界では、これはあまり一般的ではありませんが、1990年にヴァシュロン・コンスタンタンは顧客の要求に応じて同様のアプローチを取りました。

実際、ヴァシュロン・コンスタンタンは、1939年に製造された2つのRef.92900クロノグラフを製造しました。どちらもプラチナケースと歴史的なクロノグラフムーブメントを備えています。 当時、この伝説的なキャリバー295手巻きムーブメントは、有名なRef.4072クロノグラフの組み立てにも使用されていました。 2つのRef.92900クロノグラフのうち、1つは棒状とローマ数字で装飾されており、図示されているものは棒状とアラビア数字でペアになっているため、各モデルは実際にユニークです。

職人技について話すのではなく、素材について話すだけ

おそらく最も一般的に使用されるケース素材であるステンレス鋼は、金属特有の強靭さを持ち、快適に着用できます。実際、学術および工学には「ステンレス鋼」はありません。一般的に、ステンレス鋼は炭素工具鋼および炭素合金鋼であり、退色、変形、皮膚への刺激、環境保護、および並外れた外観を特徴とします。 1990年代初頭、ヨーロッパおよびアメリカのハイエンドファッションジュエリー加工の主流の素材になりましたが、現在では多くのファッションブランドにとって最適な素材になっています。一般的に言えば、私たちが呼ぶステンレス鋼は、異なる組成と靭性を持つ316L鋼と904L鋼に分けることができます。これら2種類の鋼はオーステナイト非磁性鋼体です。904Lはニッケル、クロム、銅を含みますが、316Lは含みません。 904と比較して、腐食や摩耗に対する耐性が高く、価格は316の3倍です。

316Lステンレス鋼は、ステンレス鋼、優れた質感、強力な耐食性、鉄に近い密度であり、一般に人間の皮膚には影響しません。スイスの時計は通常、この素材を使用してケース、リューズ、ストラップを作ります。また、904Lステンレス鋼はクロム合金の含有量が最大21%の超耐熱ステンレス鋼合金であり、その耐食性は貴金属材料と同等です。 1988年、ロレックスは904Lステンレス鋼を時計製造分野に初めて導入し、この素材を時計ケース、リューズ、ストラップの製造に広範囲かつ体系的に適用した業界唯一の企業でもあります。 904Lステンレス鋼の製造プロセスは非常に厳密で、最初の鋳造後、金属は真空容器に再溶解され、その中に含まれる不純物が精製および除去され、品質は使用前に電子顕微鏡でスキャンして確認できます。時計の製造。そのため、904Lスチールで作られた時計は、非常に強い金属の質感とまばゆい光沢を持ちますが、強い靭性と耐摩耗性も備えており、この素材を使用できる時計は通常の306Lスチールよりも高価です。

ウォッチハウスは、2019年バーゼル国際時計とジュエリーショーの包括的な体験をもたらします!

2019年3月21日、世界的に注目を集めた2019年バーゼルインターナショナルウォッチ&ジュエリーショーが正式に開始されました。 到着後、私たちは希望通りに様々なブランド展示ホールを訪れ、展示ホールの外で世界中の時計仲間の熱意を感じ、展示ホールでの高級ブランド時計製造の本質を感じました。

Watch Houseは、展示会に参加していないすべての友人向けに次のビデオを録画しましたが、ブランドの魅力と密接に連絡を取ることができます。 またね

10,000年が長すぎますか? 機械式ムーンフェイズ時計のブラックテクノロジー

古代以来、人間のファンタジーにおける月の魅力は、地球の海水に対する潮力のようなものです。時計の表面でのムーンフェイズサイクルの再現は、時計製造と天文学の間の深いルーツを反映することに加えて、それ自体が非常に象徴的で詩的です。ムーンフェイズ時計は、時間と空間を独創的でわずかに「時代遅れの」方法でつなぐことにより、そのユニークなスタイルを示しています。ディスクの表面の下に、正確な犬歯がずらされており、上のパターンで、ムーンフェイズのサイクルが完全に再現されています。

異なるカレンダーは異なる月の区分を持ち、時計職人は、月に対する月の利益と損失の平均期間である太陽に対する地球の周りの月の回転の平均期間である新月について最も懸念しています。長さは29.53059日(29日と12時間)です。 44分2.80秒)。時計職人は、機械式メカニズムを使用して、地球衛星の欠如の変化を再現することを選択しましたほとんどのムーンフェイズ時計は、通常、59歯(2 x 29.5日)のギアを備えています。歯車は毎日1歯ずつ進み、ダイヤル上の2つのムーンフェイズがウィンドウ内で交互に表示されます。

新月の正確な時間は29.530587981日であり、59歯のムーンフェイズ表示メカニズムは2日半ごとに修正する必要があります。ムーンフェーズアルゴリズムが平均期間に近いほど、損益の表示はより正確になります。より複雑なメカニズムの出現により、ギア比は表示精度を大幅に向上させることができます一部のムーンフェイズ時計は、1世紀、1000年、またはそれ以上の日数の修正を必要とします。

オーデマピゲロイヤルオークオフショアの由来は?

オーデマピゲロイヤルオーク/ロイヤルオークオフショアは、世界のトップ3の高級スポーツ時計の1つです(他の2つは、パテックフィリップのノーチラスとヴァシュロンコンスタンタンの縦型と横型です)。 流通市場では、彼らは非常に暑くて強いです。 ロイヤルオーク/ロイヤルオークオフショアは、プレイヤーがよく知っている時計であり、多くの人がそれを身に着けています。 多くの上級プレイヤーは、ロイヤルオークがジェロズンダによって設計されたことを知っているので、今日非常に興味深いことを言いたいのですが、ロイヤルオークはどのようにオフショアから来たのですか?

ロレックス、グリーンガラスとその製造プロセスの特許を取得しないことを決定

前述したように、1950年代はロレックスにとって非常に重要な時期でした。なぜなら、この期間中に、ロレックスはTurn-O-Graph ref。6202、Water Ghost ref。 6204、エクスプローラーなど

今日、ミルガウスはその頃生まれ、「科学者の時計」と呼ばれ、高電磁界環境で働く人にとって、この時計は磁場の影響を最大1000ガウスまで耐えることができます。

あなたが十分ではない場合、ロレックスはあなたと遊びません

ロレックスは、パンアメリカン航空とのGMTやコメックスとのウォーターゴーストなど、研究開発のための優れたパートナーとの協力を常に選択してきました。同様に、ロレックスはミルガウスの反磁性特性のために欧州原子力研究機関CERNを選択しました 最大の素粒子物理学研究室へ。

ファッションウォッチ3の歴史:化石の成功の秘密

Fossilは認定時計の製造に特化した会社であり、その売上高は2000年から2015年にかけて5億400万ドルから32億ドルに跳ね上がりました。 驚くべき成功の背後にある魅力的な物語は何ですか?

化石は、今日世界で4番目に大きな時計職人です。 ファッションブランドとして、Fossilのアクセサリーへの関心は日々高まっており、中国および香港の時計製造業界における下請け業者の広範な開発にますます注目が集まっています。 これらの2つの要因により、より多くの企業が認定時計の製造に携わるようになりました。

(ヴァシュロン・コンスタンタン) オーヴァーシーズ・デュアルタイム

「深みがある明るめのブルー文字盤に、シルバーと白が基調の針とインデックス、そのバランスと品の良さがおすすめポイントです。フルモデルチェンジ後も非常に好評をいただいております。3針モデルよりもこちらの方がお得感があると思います。ご自身で着脱可能なブレスレットやラバーベルトはシーン別の使い分けが楽しめます。このモデルは人気商品なので、希少なモデルですが、弊店はヴァシュロン・コンスタンタンの品揃えが豊富なので、ご覧いただける機会はあると思います。」(稲月さん)。自動巻き。径41㎜。SSケース&ブレスレット。245万円。(2019年10月1日から246万円)。

どのロレックスが優れていますか?

今日、レプリカ時計には多くの種類があります。市場で最も人気のあるレプリカ時計は、ロレックスとIWC製品です。製品を購入する際に市場をよく理解している消費者。彼らは経験を生かして製品を選択しますが、多くの新しい友人は常にロレックスに書き直しを求めます。これら2つの製品は異なるブランドに属します。有名なメーカーの製品を選択する限り、品質は保証されます。はい。ただし、特定の選択肢については、さまざまなブランドに独自の利点とスタイルがあるため、消費者の興味や趣味に基づいて判断する必要があります。

レプリカ時計の出現により、多くの消費者がファッション消費財の需要を満たすことができました。多くのレプリカ時計の中で、ロレックスのメンズ腕時計は非常に人気のある製品ですが、ロレックスのレプリカメンズ腕時計はどこにありますか?購入できる場合は、有名なメーカーの製品を選択する必要があります。時計店などのプロフェッショナルな販売プラットフォームでのみ、本物の高品質のロレックスメンズウォッチを選択できます。

今日のレプリカ時計は、現代の若い消費者に愛されています。多くの新しい友人は、製品を購入する際に特定の市場経験を欠いているため、理想的なレプリカ時計を選択しません。したがって、国際的な時計業界で、専門の販売ウェブサイトでのみ、大手メーカーが生産する高品質を選択できますレプリカ時計。

「最高級」ロレックスコピー、ロレックススーパーコピー時計販売、「業界NO.1」日本人担当 齋藤 進一
http://www.ikebukuro777.com/goods/kind_1_1.html
ロレックススーパーコピー時計等のブランド時計コピーを販売しています。弊店はNOOB自社製のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定しています。ロレックスコピー時計はご注文から1週間でお届け致します。