Vacheron ConstantinWuroタイプシリーズのウィークカレンダーウォッチを味わう

1956年、Vacheron Constantinは、クラシックなラウンドケースのデザイン要素としてブランドLOGO Maltese crossを大胆に使用し、クロス構造をケースとの融合に変えた、独特にデザインされたRef。6073ウォッチを発売しました。 4つのラグは、今年発売されたFIFTYSIXWuluシリーズのインスピレーションになりました。 新しく発売されたFIFTYSIXWu Luシリーズは、この時計の誕生年にちなんで名付けられましたが、その誕生は、その年の時計を「再彫刻」するだけでなく、50年代の男性の独特のスタイルを現代化することです。 方法は、現代の男性のライフスタイルのための真新しい時計を作成するために再解釈されます。 次に、Vacheron ConstantinWuluzhiシリーズのウィークカレンダーウォッチを見てみましょう。

Jaeger-LeCoultreの今年の人気時計、準備はいいですか?

今年のジュネーブオートホルモンフェアでは、イェーガー・ルクールのボール型トゥールビロンウェストミンスターベルパーペチュアルカレンダーウォッチの傑出した伝統的なマスターシリーズがすべての人に披露されたように、イエーガー・ルクールはすべての人に非常に深い印象を残しました これは、近年継続的に開発されてきたイェーガー・ルクールの優れた時計製造技術の結果です。 他のマスターウルトラシンシリーズも素晴らしいです。ムーンフェイズ、トルビロン、カレンダー、パーペチュアルカレンダーなど、プロの時計製造における最も代表的なクラシックコンプレックスを統合した3つの新作を発表しました。 機能、ホワイトゴールドとミッドナイトブルーのエナメルを使用した3つの新しい限定版時計は、精密技術と高度な複雑さの職人技を巧みに組み合わせて、イェーガー・ルクールマスターシリーズを豊かにします。 以下では、3つのムーンフェイズエナメルウォッチを一緒に鑑賞しましょう。

きらめくダイヤモンドがクラシックを再現し、ピアジェの新しい時計は現代の女性の心を捉えます

1874年生まれのピアジェは、時計製造の長い歴史があり、技術的に複雑な時計から華やかなジュエリーまで、十分に精巧なプロセスと技術を備えています。 ブランドの非常にクラシックなライムライトシリーズは、ピアジェの時計製造の職人技と最初のジュエリーウォッチのスタイルを継承しており、貴金属素材と宝石を通して時計の魅力を示し、それぞれが魅力的です。 今年、ピアジェは金と宝石をペンとして使用して、絶妙な手首の時計を「描き」、満開の腕時計がきらきらと輝いていました。 次に、新しい時計のPiagetLimelightシリーズに感謝します。

クオーツTPTとカーボンTPTの模様がランダムに現れる

クオーツTPTはシリカ糸の平行繊維層で構成され、カーボンTPTはカーボンファイバーから開発された素材。各層で角度を45度ずらしながら重ねて高温高圧力下で製造すると、ランダムな模様が表面に出現する。だからそれぞれが唯一無二の存在となるのだ。そしてこのケースは超軽量で、耐久性においてもハイレベルなことが実証されている。高級機械式時計を超える“エクストリームウオッチ”をコンセプトとして標榜する、リシャール・ミルならではの一本!!

オリオン座の3つの星にちなんだ神秘的な佇まい

2019年のキャッチフレーズ「アース・トゥ・スカイ」を越えて、今年は宇宙まで到達したかのような、星空をアベンチュリンを駆使した文字盤で表現した「1966 オリオン」の三部作を発表。本機1966シリーズは、誕生50周年だった2016年のアップデートによって品格あるすっきりした表情を獲得したが、それを見事に生かしたデザインとして完成度の高さを見せている。

その細部にも注目を! 超薄型のアベンチュリンダイアルの外縁を、繊細なドーム形状に加工した技術力はさすがといえる。表情に奥行きが生まれ、美しさが際立つ!!

大ヒット中のCODE 11.59に特別なトゥールビヨンとフライバックをダブル搭載

2019年にデビューした「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」は、オーデマ ピゲにとって実に23年振りとなる完全新コレクションとして注目された。モデル名の「11.59」が示すのは、新しい一日が始まる直前である“11時59分”。ある意味、同社の凄まじい意気込みを具現化させたものだった。

発売以来、世界的な人気ぶりで、日本においても好調と聞く本コレクションに、新たに加わることになったのが「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ フライング トゥールビヨン クロノグラフ」だ。自動巻きフライング トゥールビヨンのみでも複雑なメカニズムといえるが、ここにフライバッククロノグラフを同時搭載するという離れ業を成し遂げている。スーパーコピー時計本機はわずか50本しか製造されない希少さと相まって、今年を代表するハイコンプリケーションウオッチと挙げられるに違いない。

公定価格は2万円以上、デザインはドイツのミニマリズムに溢れています

ドイツの時計製造ブランドNOMOSは1845年に誕生し、その工場はドイツの有名な時計製造の町であるGlashütteにあります。 NOMOSは創業以来、その優れた時計製造の伝統とユニークなドイツのデザインで多くの国際的なデザイン賞を受賞しています。 昨年、ドイツのバウハウス運動の世紀と同時期に、NOMOSは「形が機能に従う」という美的本質を備えた絶妙なタンゴマット記念時計を発売しました。 それでは、このタンゴマット記念時計を見てみましょう。

革新的な独自開発マテリアル=グレーサーメットを使用

リシャール・ミル「RM 11-05 オートマティック フライバック クロノグラフ GMT」2706万円
ベゼルに使用しているグレーサーメットは、チタンの軽量性とダイヤの硬度を備えた先進素材。ミドルケースにカーボンTPTを、裏ブタにグレード5チタンを組み合わせ、すべてにおいて強度と軽さを追求した。ここに備えられている自動巻きのスケルトンムーブメント、キャリバーRMAC3は、時刻表示のほかに、ビッグデイト、月表示、フライバッククロノグラフ、GMT機能を装備。縦50×横42.7mm。5気圧防水。世界限定140本。

アテネウォッチファンタスティックシリーズフリークXグレイシャーウォッチ2303-270 / 00

上記のFreakX Glacierウォッチは、今年3月にUlysse Nardinが発売した新製品です。実際、UlysseNardinは昨年すでにFreakXウォッチを発売していました。今年、このFreak X Glacierウォッチのハイライトは、メインとして白を使用していることです。 色合いは非常に寒い場所の氷河のようなもので、この真っ白な時計は、非常に価値の高いFreak X氷河時計はもちろん、見つけるのも簡単ではありません。 ケースはチタン製で、ベゼルは白です。 Freak Xウォッチの最も印象的な点は、時間を表現する特別な方法です。時間を示すために私たちが見たのは、実際には、暗い場所での読み取りに便利なSuperluminova発光塗料でコーティングされたフライングカルーセルストリップの動きです。 時間をかける。 UN-230ムーブメントは、時計に72時間の予備電力を提供します。

セイコPROSPEXシリーズSSC761J1

セイコダイビングウォッチの生誕55周年を記念して、セイコは今年、ナイトダイビングの世界にインスピレーションを得たカラーデザインのプロスペックスブラックシリーズ限定ダイビングウォッチを3つ発売しました。このクロノグラフのケースはステンレス鋼製で、ケースは黒のハードコーティングでコーティングされています。時計の直径は44.5mmです。黒の文字盤には3時位置に24時間調整可能なクロノグラフがあります。この機能は、2番目のタイムゾーンの時刻を表示するためにも使用できます。また、下に日付表示機能、6時のスモールセコンド、9時の60分カウンターもあります。時計のアワーハンドとアワーマーカーは、エッジがオレンジ色で装飾され、黒い文字盤に色のタッチを加えています。ハンドとアワーマーカーも、スマートな光エネルギーペイントでコーティングされています。この発光コーティングは、環境に優しい発光素材でできており、一方向に回転するダイビングスケールベゼルが付いています。ダイバーが水中で簡単に読んだり操作したりするのに便利です。この時計は、太陽エネルギーv192クォーツムーブメントを搭載しています。このムーブメントは、光源を使用して独自の運動エネルギーを提供します。フルエネルギーリザーブにより、最大6か月のパワーリザーブと、200メートルの防水性能を備えています。時計には、快適で着心地の良い黒い折りたたみ式シリコンストラップが装備されており、ダイビング専用に設計されており、高圧によるストラップの収縮による着用者の手首の圧迫感を効果的に軽減します。また、裏表紙に限定版のシリアル番号が刻印された緻密なボトムデザインを採用し、限定版として中国で246本限定となっています。