PANERAIオフィチーネ・パネライグローバル総裁Angelo Bonati

「高级時計の将来を観察するには、とてもまともな態度を持っている。」直後に2015年SIHH後、Paneraiな海香港尖沙咀の広東道、新たに開幕した既存の専門店ではなく、の店舗ではなく、「ほぼ1棟」はじゅういち階建ての使用権はオフィチーネ・パネライ、オフィチーネ・パネライまず第一五階の計画を専門店を使用し、他のフロアの用途容後考え。
たとえ近年は香港、大陆地区をはじめ大中華区の高級時計市場を受け、政策の衝撃や他の要因の影響でトレンドの減速、度胸が大きいほどの専門店では、建て替え刻下論点は特に注目かつ野心的、オフィチーネ・パネライボールAngelo Bonati総裁は、彼は分かって、未来は難しいかもしれないように数年前には二桁の成長を達成する方が、オフィチーネ・パネライにとって、成長の運動エネルギーが続く、多くの人が知らないオフィチーネ・パネライこのブランドは、広東道専門店で絶好の視野と位置、ちょうどブランドの宣伝を、三年前よりもBonati自ら見回りを、この建物を聞いこの機会に決定を整棟の使用権、表現に中華圏市場全体の信頼。
「いかなる計画に投入する前に、あなたは必ず合理的な弾力を保つには、代価を払わなければならない。」Bonati指摘し、高級時計市場一面の良い、成長急速にの時、たくさんのブランドたくさん制作非常識あるいは合わないブランドの精神のデザインで、目的は攻略したい市場、これらの策略の減速の時には、多くの販売と在庫圧力に直面する。
Bonatiブランドから引き継いで18年以来、彼はブランド経営のすべての動作、フォローアップ効果も彼の予想では、例えば今オフィチーネ・パネライ製造のきらきら光る宝石やパンパンないデザインによって、ただオフィチーネ・パネライの沿革、絶えず復刻、精緻化の今日の盛んな納海腕時計、ブランドは市場に販売が舞う生産、設計の方向。
特にオフィチーネ・パネライまだNeuchâtel再構築した近代化の時計工場を、すべてのスタッフから設備移転従来の位置のうち、Bonati強調し、新しい時計工場は現在運営良好だが、生産量の増加が目的ではないのではなく、「精緻化」のために、すでに固定出力の腕時計、達成できる過去よりのパフォーマンスの向上と正確度。
現在オフィチーネ・パネライ自制ムーブメント日に日に豊かに版図をカバーし、基礎からから複雑な機能、しかし自制ムーブメントにつながるの生産、組み立て、テストなどのプロセスもできない義手他人、これは自制ムーブメントの意味から、オフィチーネ・パネライもっと大きな空間、設定や増加に応じなければならない者と設備の工程。
オフィチーネ・パネライ限定生産から、Bonatiも「限定」は必要の宣告。昔から、イタリア製造機器オフィチーネ・パネライ海軍から復活は市場で、運命の非大量生産の時計ブランドとしてだけではなくて、それでオフィチーネ・パネライ安然過ごしたいくつかの危機、オフィチーネ・パネライ保有独特の地位のため、「限定」はすべて収蔵オフィチーネ・パネライ人に理解して、多くのモデルはないの再生産終わって同じ第二陣が、オフィチーネ・パネライ余力がある、未来への新型投入研究開発や生産。
また、広東と香港専門店で開幕し、オフィチーネ・パネライ導入特別限定版は3項、この3つのバージョンは既存のモデルに基づいて詳細を手直しが、光はこのようなアクション、十分な謎を追うようなので待ちと、オフィチーネ・パネライの主体イメージは然変わらないが、詳細は新鮮で、新しい視覚的な力に。
はPAM618を例にして、このLuminor 1950三日動力貯蔵自動的にモデルとしては、全体のケースデザインは他と同型同様、搭載のはP.9000自制自動的にムーブメント、現代感のケースラインなどが、限定版に入りました。HONGKONG香港英文字を含むように護橋レバーでは、まだコーディネート珍しい軍緑ズックのバンドは、突出し地域専門店の独占デザインが拉抬勢いも現れ、未来の新型、かもしれないバンドの可能性と組み合わせて、ささやかな考え、オフィチーネ・パネライ続く進行中。

時計の使用過程に注意する必要な問題に注意する必要がありますか?

現在の位置:トップページ>時計百科、腕時計レプリカ時計の情報、腕時計のニュース、腕時計の知識、時計に保養して、腕時計時計修理>過程を使う中でどれらの問題に注意を払う必要が?
時計の使用過程に注意する必要な問題に注意する必要がありますか?
編集:愛は表現時計モール時間:2015-09-16
愛に従って表者が増え、現在の生活の中で多くの友達にも強い関心を持った購入時計ですが、皆様にも注意するべきで、腕時計を使用する過程の中で多くの問題はよく掌握。ただ、正しい方法を使って腕時計、腕時計が使用過程の中でもっと快適、自然の腕時計の実際使ってもっと長い時間も。
ティソ腕時計ブランドでは影響力は大きく、もちろん具体的なシリーズの制品も多く、デザインや各部分から非常に多くのファンを獲得した。そして時計正常使用を確保するために、このような具体的過程を使う中で注意の問題ももっと良いのを把握して、生活の中で皆様にも希望をもっとまじめな態度を身につけてこれらの基本的な内容があってこそ、より安心で使用できる。
普通の利用者にとって、簡単に分解して時計のない、それを招きかねない内部機構の破壊、腕時計の内部構造では非常にコンパクトな。多くの友人希望はいつでも時計時間訂正が、注意するべきで、夜10時から午前2時の時にならない時間時計を調節して、これはとても重要で、毎回調整時間後アイは確保スラストいったい部。
そしてバンド調節側からは簡単そうに見えるけど、普通の利用者は、この部分の操作も非常に理想的なわけではない。だから必要専門機関処理のこの部分の問題ことで任意の腕時計を受けて破壊。腕時計を使用して過程の中で、定期的に腕時計をさんご年まで全方面の検査も重要だが、腕時計はもっと長く確保できるの使用寿命。

国産時計ブランド時計は10依波悪くない选択

依波ブランドスーパーコピー時計のポジショニングのはとても正確で、現在にとって、それは1つの高級次の枠の価格が、このブランドの中で何百元の日常で表も買え几十万一番手のハイエンドのカスタム時計に関わらず、あなたはちょうど接触時計は腕時計の中のファンは、このブランドの中でも所得があることができる。
そして依波表現は制品の区別も極めて明確なを見ることができて、現在依波傘下の宝飾腕時計や女性が男性を使って使用の高精度な機械悪賢い心表、両者の分類と焦点は完全に異なっている、より良い明確消費グループを購入すると、みんなを選ぶ時も持っているもっと明確の選択。
依波の優位性は非常に強力なを持っているの設計と生産の技術の実力を歴史のある企業として、この大プレイヤーが生産した腕時計を持っている非常に良い品質、品質に非常に良い評判を引き寄せた市場、多くのユーザーの使用と加入。
国産のブランドとして、依波表も非常に重視して国内のユーザー体験度とアフター基準は全国各地に設置したアフターサービスを提供することができる時、全面的に有効なアフターサービスで、皆様がもっと気軽に時計の使用。

「エリオポール表参道店」の1周年を記念して、スペシャルイベントが開催!

フランスやイタリアなどヨーロッパからセレクトしたアイテムと、オリジナルアイテムをミックスした、品よくモードなカジュアルスタイルが人気の「エリオポール」。2011年に“HOUSE”としてオープンした「エリオポール表参道店」が9月23日(日)に早くも1周年! アニバーサリーを祝って、9月28日(金)~29日(土)の2日間、「エリオポール表参道店」で美味しいスウィーツとティーで訪れる人をおもてなし。期間中はデザイン集団「sunui」とコラボレーションした、1周年記念の写真のスペシャルウィンドウディスプレイも登場。甘いスウィーツ&ティー、「エリオポール」の上質なお洋服に囲まれて、スペシャルな記念日をお祝いしよう!

ムーンフェイズ再発見[月齢表示高精度化への挑戦]

1985年に発表されたIWCの「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー」は、さまざまな点で画期的な永久カレンダーであった。まずは、リュウズひとつですべてが操作可能な点。これには、リュウズによるすべてのカレンダーの早送りも含まれる。そしてもうひとつが、極めて精密な月齢表示だ。

一般的なムーンフェイズは、ムーンディスクの外周に59枚の歯を設けている。そのため、ムーンディスクは29日と12時間で半周(月齢1周期)することになる。実際の月齢の1周期は29日12時間44分2.88秒(=29.5305891…日)であるため、ひとつの月齢周期につき約44分のずれが生じる。対して、ジュネーブ時計学校の教授であったフランソワ・ルクルトは「こういったムーンフェイズはファッションであり、正確ではない」と断言した。

では、どのような設計にすれば、ムーンフェイズは正確になるのか。答えは簡単で、中間車を増やして、ギアの数を増やせばいいのである。フランソワ・ルクルトは精密なムーンフェイズの例として、中間車を含めたムーンディスクの歯数を、135歯に増やしたものを挙げた。歯が増えると、ムーンディスクの回転は、29日と12時間45分で月齢1周期となり、ほぼ実際の月齢と近しい動きになる。

新型スーパーオーシャンIIは、正真正銘“ブライトリング産”だ。ケース、ムーブメント

ストラップ自体は地味だが丈夫である。約4mmとかなり厚く、重厚なタイムピースによく似合い、快適な装着感にも貢献している。わずかなマイナス点を挙げるとすれば、堂々たるケースの厚さが15mmもあるために頭でっかちに見え、手首の上で不安定に揺れることだ。
良好な装着感と同様、操作性もレベルが高い。大きなねじ込み式リュウズは扱いやすく、解除時はベゼルとリュウズプロテクターがほとんど邪魔にならない。2段ある引き出しポジションへの噛み合いも良好だ。巻き真は非常に堅牢な作りで、引き出した状態でもぐらつくことがない。ストップセコンドと日付早送り調整機能は、ベースとなるETAの量産キャリバー2824なら当然搭載されている機能である。縁の刻み目が深いベゼルは、グローブを着用したままの操作が可能で、1回転120刻みでクリーンに噛み合う。

スポーティーな顔

スーパーオーシャンIIの文字盤は、ケースやストラップと同様、スポーティーな印象に仕上がっている。新しい要素がふんだんに盛り込まれているにもかかわらず、“ブライトリング産”であることはひと目で認識することができる。6時、9時、12時の3カ所に配された特大インデックス、幅の広い針、イタリック体の巨大なアラビア数字インデックス、そして何よりもこれらのコンビネーションは、新世代を示唆するよりダイナミックなデザインの要素である。ただ、幅の広いベゼルに囲まれてすでに圧迫感のある文字盤は、表示エレメントが大きくなったこともあって非常に混雑した印象だ。日付窓の位置はよい。外周いっぱいまで寄せた日付窓は、適切なサイズの恩恵により、アワーインデックスにうまく溶け込んでいる。だが、日付の数字が細く、とりわけ10日から19日までは10の位の数字が窓枠ぎりぎりに位置するため、読み取りには少々骨が折れる。

分針が文字盤リングのミニッツインデックスに届いていないものの、時刻の視認性は概して良好である。夜間、強烈に発光する様には感銘を覚えるほどで、秒針の先端に至るまで強い輝きが長時間持続する。ダイバーベゼルには蓄光塗料が使用されていないので、ダイバーは光が降りそそぐ水面近くにしかいられない。従って、ダイバーにとって輝度の高い秒針の利用価値は、暗所で時計が作動しているか確認できることぐらいだろう。しかし、日常で使用する分には、高輝度の蓄光塗料が塗布された秒針は頼もしい存在である。特に夜間、サイドテーブルに置いた時計がまだ動いているかどうかをチェックするのに便利である。

“正確に作動する”ことこそ、この時計の大きな武器のひとつである。電子歩度測定器による検査では、テストウォッチの平均日差はプラス1・8秒/日と、ごくわずかなプラス値が観察され、姿勢差による最大日差も2秒と少なかった。テンプの振り角も水平・垂直両姿勢ともあまり変わらず、極めて安定していた。どこかの姿勢でマイナス値が出るというリスクを冒したくなければ、この上なく優秀な微調整と言えよう。着用テストも、歩度測定器による結果を裏付けてくれた。時計は毎日同じように、2秒ずつ進んでいった。つまり、この時計のオーナーが約束の時間よりも1分早く待ち合わせ場所に到着するまで、1カ月はかかる計算になる。

阪急うめだ本店1階コトコトステージ11で、ショパール「ハッピーハート」ジュエリーの限定カスタマイズ

愛のシンボル、そしてラッキーチャームであるハートの中で、くるくると陽気に揺れ動くダイヤモンド。世界中のレディを虜にしたショパールの発明「ハッピーダイヤモンド」から生まれた、「ハッピーハート」コレクション。カラフルな大きなハートに向かい合う小さなハートにセットされたムービングダイヤモンドを、お好みのムービングストーンにカスタマイズ。今回の世界初となる限定カスタマイズは、8月2日(水)〜8月8日(火)の一週間、阪急うめだ本店1階のコトコトステージ11にて。ぜひお見逃しなく。

タッチ式時計背後の完璧な技術Rado依莎レーダー表EsenzaシリーズCeramicタッチ腕時計

ハイテクセラミックでは天然の絶縁材料、Radoスイスレーダーハイテクセラミック素材を持つ表分野の25年以上の専門知識を直接優勢になった。ハイテクセラミックスの不導通性質により、触感式装置の理想材質となり。石英のムーブメントは大量の肝要な部品から構成して、2つの制御の腕時計のソフトウェアのチップを含む。ムーブメント緊密にセットされてハイテクセラミックケース内でムーブメントと一体式ハイテクセラミックケースとの間にはよんしよの電極、それぞれに取り付け時、よんしよ時、はち時とじゅう時位置。指先にハイテクセラミックケースを通して作用に電極を失うことに充て、迷コンデンサの役、調節発振回路の週波数。そのムーブメント探査指先に一定順感触ケース時、つまり会指示チップをさせるモーター指針、そこを通じて簡単な感触で完瞭する設置とリセット時間。腕時計の精鋼後も盲に杖の重要な部品で、それは、腕時計との間の「接触点」は、回路に通電の参考媒質。だからこそ、それを持ってないも表冠–に依莎スイスレーダー表EsenzaシリーズCeramicタッチ腕時計を設置し、時間をリセットするときは、それをかぶる腕に。

今度のセイコー×ジウジアーロはお値ごろ感満載

つい先ごろ発表された「セイコー アストロン ジウジアーロ・デザイン 2017限定モデル」に引き続き、ジウジアーロ関連の新作がセイコーから発表された。モデル名は「セイコー プロスペックス ダイバースキューバ ジウジアーロ・デザイン限定モデル」。1986年にセイコーとジウジアーロ・デザインが共同開発した200m空気潜水用ダイバーズの復刻版である。

「商品の持つ特徴的機能を、十分に強調するデザイン」をキーコンセプトに掲げた本作は、そのエキセントリックなスタイルからは想像もできないほど、徹底した機能至上主義が貫かれている。例えば、ケースをストラップの中央から左側にオフセットしたおなじみのデザインは、水中での手首の動きをスムーズにするために考案されたものだ。また、ケースサイドに固定された別体のグリップ付きプロテクターは、衝撃からムーブメントを保護するだけでなく、回転ベゼルの操作性をより高める上でも役立っている。

裏蓋とリュウズはもちろんねじ込みロック式。ストラップは86年当時のウレタンから、より耐久性に優れ装着性も高いシリコンにアップデートされている。

ジャガー・ルクルトとマーク・ニューソンのコラボ第三弾が東京でお披露目

さる2月23日、東京都内の某所において、ジャガー・ルクルトとマーク・ニューソンによるアトモスの共作第三弾「アトモス568」 by マーク・ニューソンが発表された。ジャガー・ルクルトの伝統的な置き時計をマーク・ニューソンが初めてデザインしたのは2008年までさかのぼる。1月のSIHHで披露された568は第3作目にあたり、前2作以上に無駄を省いたプレーンなデザインが特徴だ。当日の会場には、デザイン界の大立者たるニューソン本人と、ジャガー・ルクルトのいくつの名作をデザインしてきたことで知られる、同社のクリエイティブ・ディレクター、ヤネック・デレスケヴィクスが登場。両雄の長きにわたるコラボレーションに関する秘話などが会場を訪れた多数の報道関係者などに披露された。

前2作同様、今作もケースの素材は透明なサファイアクリスタルだ。文字盤はブルーのインデックス、カレンダー、ムーンフェイズからなるシンプルな構成。空気を動力源として駆動するアトモスの静謐な美をモダンな造形で表現しきったニューソンの力量はまさに円熟の域といったところだろう。