文字盤に艶やかなブラックマザーオブパールを使用

この世界限定モデルはブラックマザーオブパールを文字盤に採用。天然素材ならではのさまざまな色彩を放つ輝きが、手もとに優美さと洗練を演出してくれる。もちろん12時位置に“ハートビート”、6時位置にオリジナル機構“スケルトンデイト”を搭載。

世界ではじめてムーブメントを文字盤側から見せる機構を発案したフレデリック・コンスタントのプライドを最大限生かしたデザインだ。そして手首に添うように設計されたレクタンギュラーケースは驚くほど自然にフィットし、快適な着け心地が楽しめる。

スイス・ジュネーブを拠点にデザインの立ち上げから最終組み立て作業まで、一貫して自社でおこなっているフレデリック・コンスタント。その証として伝統ある時計の聖地ジュネーブで生産され、州から認定された限られたブランドのみが記すことのできる「GENEVE」が文字盤にしっかりとあしらわれているのも見逃せない。

ムーブメントの心臓部(ハート)であるテンプの鼓動(ビート)を文字盤側から楽しめる「カレ ハートビート&デイト オートマチック」シリーズに、研ぎ澄まされた洗練を感じさせる新作モデルが仲間入りとなった。

カレラ カーボン 1887 コンセプト クロノグラフ登場

タグ・ホイヤーとしては、はじめて極薄・超軽量のカーボンファイバー複合素材をケースや裏蓋、ベゼル、ブレードホーンに採用した自動巻きクロノグラフ。デザインは超精密なクロノグラフ計測が可能な「マイクロガーター」直系の、リュウズとプッシュボタンがケーストップにある“プルヘッド”スタイル。

ケースの製造方法は、F1マシンのパーツと基本的に同様で、ポリアミド系の厚さわずか0.007mmの強化繊維を層状に重ねて立体的に組み立てた後で、オートクレーブの中で加熱するという手法を採る。化学反応によって、各層が凝縮・一体化し完成となる仕組みだ。

ベルトとシースルーバックの裏蓋のサファイアクリスタルを除くと全部で約19gと超軽量なうえに、非常に固くて頑丈なのが素晴らしい。また文字盤もカーボンファイバー素材が使われている。搭載ムーブメントは2011年にタグ・ホイヤーが自社開発して「カレラ1887 クロノグラフ」と基本的に同じ。早期の製品化が期待される。

DNAが組み込まれた文字盤やベゼル

「社名は有名な時計師の息子ふたりの名前からとったそうです。その時計師の詳しいことはわかりませんが……」(ノーブルスタイリング/山口幸徳さん・以下同)

ロマン・ジェローム社は2004年創業の若い会社だ。本社はジュネーブにある。創始者は、ウブロのゼネラルディレクターだったイバン・アルパ氏だが、すでにロマン・ジェロームを離れている(最近は新会社「ArtyA」でユーロ紙幣を使った時計を発表し話題になった)。現社長はマニュエル・エムシュ氏(元「ジャケ・ドロー」社長)だ。

このブランドのコンセプトは、近過去、つまりここ100年くらいの間に起こった大事件のDNAを時計に組み込み未来に残していくことだ。その出来事にかかわる「物質」を時計に組み込み、形を変えその出来事の遺産・遺伝子を残そうというもの。

コレクションは『タイタニックDNAコレクション』『ムーンDNAコレクション』『エイヤフィヤトラヨークトルDNAコレクション』の3本。

「地球」をイメージしたあたたかな雰囲気で来訪者を迎え入れる

今秋、羽田空港で新国際線ターミナルと新滑走路の利用が開始され、国際線は欧米・東南アジアに拡張、羽田空港は国内・国際線の拠点を併せ持つ「ハブ空港」となる。この10月21日に新国際線旅客ターミナルがオープンするが、それを機にオメガのニューショップ『オメガブティック羽田』がおめみえすることとなった。

ブティックは、ワールドワイドに展開されるオメガブティックと共通の世界観で表現。優雅なシャンパンゴールドの壁やガラスで地層をあらわしたアーティスティックなショーケース、大地に降り注ぐ雨をイメージした仕切りなど、「地球」をテーマとした内装がほどこされ、あたたかみ溢れるラグジュアリーな雰囲気で来訪者を迎え入れる。商品もほかのブティックと同様の品揃えを誇り、ウォッチの最新作はもちろん、アクセサリーやレザーのコレクションも豊富に展開される予定だ。

マニュファクチュールムーブメントが“Golden Balance Wheel 2009”を受賞

カール F. ブヘラの自動巻きキャリバー「CFB A1000」が世界の優れたムーブメントを評するコンテスト“Goldene Unruh(Golden Balance Wheel)”の特別技術賞を受賞した。

ドイツの時計専門誌である“Uhren Magazin”の主導で行われるこのコンテストは、自社製キャリバーの開発とその独創力を評価することを目的とするもの。賞を設定することで、機械式時計の技術的な基盤を改めて作り上げるためのコンテストだ。

今回受賞したカール F. ブヘラによる自社製自動巻きキャリバー「CFB A1000」ももちろんその意図に違うことのない、豊かな発想力から生まれたもの。技術力と美しさとの両方を併せ持った、画期的なムーブメントである。

この「CFB A1000」は昨年のバーゼルワールドで発表されてたちまち話題を呼んだが、自動巻きであるにもかかわらず、ムーブメントの上ではなく外周に沿って回転するリング式ローターを採用しており、両方向の巻き上げシステムを特長としている。

ロレックス2015バーゼルの新製品展延長日延べ

「2015バーゼル世界時計ジュエリー博覧会ロレックス」
展覧期間:2015年6月19日~7月30日、10時00~22:00
展覧会場:ロレックス世・界、上海市黄浦区中山東一君は路の27号層
予約や調査詳細:(021)3330 0091
ロレックスは上海外灘の世界唯一のブランド体験センター「ロレックス世・界」(ザRolex Experience)はろく月じゅうく日から呈上2015年バーゼル世界時計宝石博覧会で発売した新型腕時計。展覧会は開幕以来、7月12日に終わりの展示会が7月30日まで延長される予定で、公開により近い距離でこの新型の腕時計を見ることができる。
展覧会のハイライトを展示
曜日カレンダー型よんじゅうと新世代3255型ムーブメント
今年ロレックス主ツイ新型「曜日カレンダーよんじゅう腕時計型」、18ct 950プラチナ、黄金、白いバラの金よんしよ黄金と永遠のスタイルを持つ氷の靑い文字盤やチェックの装飾のプラチナの金の最もを活発に、このような配色ロレックスでは珍しく、夏使っても分のほか清涼。
熱愛探索ムーブメントの友達はもっと注目この表に搭載されたじゅうよん件の特許を持つ新しい3255ムーブメントは、ムーブメントの板バネ箱の内壁の厚さ道を縮小し、トレーンの「オーバーレイ」の設計および新デザインの特許Chronergy逃げシステム、容易に著しい省エネ効果で、パワーリザーブ増えました。ななじゅう時間。全体の精密な程度にとって、3255ムーブメントは天文台認証(COSC)の精密な時計2倍高い。
独特OYSTERFLEXバンド
今回出展の経典の航海腕時計カキ式恒动ヨット名仕型新しい18ct永遠バラ金黒表、金を搭載していた、一本の名は「OYSTERFLEX」に包まれ超ストレッチ金属片の超弾ラバーバンドに加え、黒とバラの金の経典の配色されて転発ファン、表。に至っては40 mmと37どのサイズが魅力的、恐らくあなたを必要と判断した自ら上手。
宝石モザイク技術
今年ロレックス発売3モデルを配備39 mmのケースは、3235型ムーブメントの「カキ式恒动日誌真珠淑女新型腕時計型」、そのきらびやかなアウトコース象眼48粒のグラデーションカラーのエレガントなカットサファイア:靑いグラデーションを紫赤、靑、緑とオレンジ色のグラデーショングラデーションが黄色で、一項ごとにすべて美しい。
また、昨年発売したクラシックスタイルのチェッリーニシリーズは、今年も、宝石戴冠、単外輪と双アウトコース镶钻二つのデザインの選択肢は、その双アウトコースデザインは圏镶钻アウトコースと経典三角坑紋アウトコース構成は、ロレックスの経典の元素と新しいデザインと完璧な融合。
ブランド文化体験空間
「世界に来てロレックス・界」は、新型の腕時計も見逃せない世界一枚しかブランドの歴史文化体験スペース、ここで、あなたを静的展、ビデオ、マルチメディアの設備についてブランドの歴史、タブ工芸やスポンサー活動など。

世界の時計の保養と日常使用に注意して何を注意しますか?

世界の時計の保養と日常使用に注意してどれらの注意を注意しますか?今の社会はますます人気がある、時間以外に、もっと多くの人はそれを1種の装飾品として、大多数の人は選んでブランドを選んで、しかし時計の保養になることはできない。
1、腕時計の耐水性
腕時計の防水頼り表鏡、後、ファースト先の防水パッキンを相応の標準に達して。
防水パッキンの老化に時計の防水性能に影響を与えるので、腕時計の防水パッキンと頭を(利子防水圏)による使用状況を定期的に交換。石英時計は電池を交換する時に防水部品を交換して、防水性能を保証することを保証する。
いかなる防水時計もすべて洗って熱湯浴、サウナあるいは温度の変化の大きい環境の中で使用するべきで。防水パッキンから受け热胀冷缩温度影響が隙間を加速劣化を引き起こし浸水や表に出?結物、深刻なダメージを部品。
2、定期クリーンバンド、ケース。専門の時計がきれいな補修駅まで保養することを提案して、防水性が高い腕時計も時計長時間が長い時間放置して水の中に放置して、浸しの方式で洗うことを使います。
3、腕時計は深刻な衝突や転落、または、より高い物の表面、酸化金属、石英水晶、磨石、花崗岩、コンクリート壁などを、強力な。時計をはずして、習慣に慣れて安全な場所に置いておいて。
よんしよ、時計リフォーム秘藉
時計はたくさんの道を画するされてから、時計の上で先に12の清水、また1時に歯磨き粉を塗って塗って、漕ぎを取り除くことができます。

コルムのGoldenBridgeLady 1枚を吸って度が高いといえるの腕時計

新しい水師大将杯AC-One45潮汐の海洋靑い顔や腕時計の文字盤に属して、はっきりと、丁寧に表現CO277主動巻きムーブメントの全部の帆海効果指示。潮力引き下がるの玉は12時位置、文字盤に専用の針を設けて潮汐の強度を表現する。その表現は満月月または代表三日月の黒にことを意味し、月と地球と太陽と止まらないラインで、潮汐の幅や強度もが於の頂上に到着し、95~120の間の係数比較上絃の月と下絃の月の時のにじゅうから45間の係数を高。
6時位置の隷属ヴィトンは、将来24時間内に2つの潮汐の時間、9時位置の文字盤は、潮汐に引き下がると流れの強さを指示した。潮が上がったり潮が下がっていく場合は、針を垂直に表現して、その時の流れの強さは最大で最大。ヴィトンまたは潮退の指示は文字盤の下や上方を参照してください。
これらの容易に隷属文字盤、優雅に設置に飾りがコルム独占計画の「カットザクロ」柄の主な外観の上で、内環の水師大将カップシリーズ標記性の帆海旗図案、優雅な立体感を醸し出す。
良い性能をCO277主動巻きムーブメントを本当に受けSHOM認証の細かいナビゲーション機器、ムーブメント毎時振動28、800度を提供し、42時間動力を推進する準備をする時位置にさんの日付表現の運営。この性能は、物覚えな水師の水師に象眼て、物覚えの水師に象眼て十二辺形で。直径45ミリのケースは5段チタン金属制、外形もったいぶりがおっとりし、同時に腕時計が连結、大器のケースと、飛び抜けというのは、飛び抜けとしても、飛び抜けとしても。Corum昆崙多層レイアウトケースの中間に靑いPVDコーティング処理を処罰のチタン、見た目と色が呼応し、コーディネート加硫ゴムバンドや折りたたみボタン。新しい水師大将杯AC-One45潮汐の腕時計の活動探検のため、防水の深さは約300メートル、表背より、サファイアクリスタルガラス、魅惑のCO277主動巻きムーブメント運営はっきり見え。
Corumコルム慎重さの新しい表の水師大将杯AC-One45透かし彫り腕時計(Admiral」sCupAC-One45Squelette)。腕時計の精緻な透かしの配置は丶本現代感の透明な計画の期日盤の丶本のコーデはラインが強調してしなやかなチタン金属のケースを持って、あなたに深く腕時計の心臓を深くさせて、大きい売れっ子の時計の運営を探求模索します。この奇特及び膨大な表項、八幡が高級タブ業にしっかり一席を占める。
Admiral」sCup水師大将杯その標的の頼りが12角形ケース計画は1960年に慎重に登場し、そしてそのタブ業界に定礎時計計画分野のナビゲーター、長期の衰えない。長年来、シリーズも中断されない様々な齰舌や大国の意を迎え者衆の腕時計構造。
発売は次の新しい水師大将杯AC-One45透かし彫りの腕時計、五級チタンケース内に搭載し振動28、800度毎時間のCO082主動巻きムーブメント、パワーリザーブ42時間。透かし彫りの文字盤計画はきめ細かいのムーブメントと、心の磨いた駆動輪システムの運営表現は無遺。透き通って計画の日付盤刻印に日付数字が増えたのは、腕時計だとき代感。
Corum昆崙石炭色のシャーシの経夜光強化処理処罰の時間は度を表示し、日付盤の果てまで延びるような日付盤に漂流してメッキ処理施設と処罰丶水師大将カップシリーズ標記性のじゅうに面帆海旌旗の内環、猛烈な深さに比べてと視覚形成結果。

ゲーラ苏蒂オリジナル至臻- 2015父の日

経典の切っ先は消えない
ゲーラ苏蒂オリジナル議員シリーズの旗艦作品、Senator Perpetual Calendar議員万年暦腕時計を具現し、複雑な機械に工芸と芸術の完璧な結合の怠らない追求。このハイエンドの優れた機械を持つ表それぞれ違う外観、満足の異なるタイプの父の需要、黒いスクラブ引き立て红金ケースでフェイスで、落ち着いた大気。銀の文字盤に引き立て红金ケースで、控えめな。暖かい銀色コーディネート精鋼のケースは、教養紳士、または黒スクラブ文字盤コーディネート精鋼のケースは、若手個性。
清朗星月に伴う私の行
Senator Perpetual Calendar議員を読む時、調和のとれた万年暦腕時計をはっきりに融合し、透過防反射鏡が見渡せるサファイアクリスタル表。日付、月や注目のゲーラ苏蒂オリジナル大カレンダーで文字盤の裏返しでは白または黒の数字表示。ブラックの文字盤には銀色の星と光がきらきらと輝く銀色の月、月の移動は時間の変化が現れている。うるう年の指示に従って、簡単には素樸クリア、赤いドット指示閏年では、次の年はそれぞれ、黄色、白と黒のドット指示。
技術は技術が巧みに優れて精巧で機械芸術を巧みに
ゲーラオリジナル自動巻きムーブメントを搭載し苏蒂100-02、毎時自動操作28、800度では、一つの金色じゅうはち発条ボルト、ねじバランスが重くて、透過サファイアクリスタル表底が見える。動力備蓄は55時間(+ / – 10)。によっては、分針と標準時間の同期化を実現することができます。ムーブメントの設計を更に備えて芸術性:独特のゲーラ苏蒂オリジナル4分のサンパン彫刻がゲーラ苏蒂オリジナル柱状紋、透かし彫りの摆轮を21カラット黄金の重量が、まるでグースネックの精密で微調整器、Senator Perpetual Calendar議員万年暦腕時計の優雅な両々相俟って、優れ、目立つ。

表中の典範IWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニーポルトガルシリーズ75週年誕生

「2015年はIWCポルトガルシリーズ75週年の誕生、IWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニー盛大に祝いをもつ経典風の腕時計シリーズの重要な記念の年。」IWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニーCEO乔祺斯(Georges Kern)さんは、「IWCポルトガルシリーズだけでなく、私たちは歴史が悠久の最も人気のある腕時計ブランドのシリーズの一つであり、最も有名なのが表項。」早くも二十世紀30年代、そのシンプルデザインはダントツで洗練されての経典の時代に。同シリーズ搭載の懐中時計式は、精度においても、製表業界で大きな腕時計が確立されているという風潮が。まさにこれらの特徴を誇るIWCポルトガルシリーズ全世界、人の顔が識。「長年来、IWCポルトガルシリーズ諸先進的な複雑な機能と精密なムーブメントはずっとブランド」タブ芸の象徴。」乔祺斯「ないような他のシリーズIWCポルトガルシリーズと同様に集まるのはこんなに多いの高級時計技術の集大成。」
新開発のIWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニー52000型自制ムーブメントシリーズの2015年「IWCポルトガルシリーズの年」に錐嚢を脱すとなり、本年度の目玉、そしてすでに応用四項IWCポルトガルシリーズで新しい時計。また、今後数年間で、IWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニー集中して開発を多くの自家製ムーブメントを自主開発生産000型と42000型二大新しい自制ムーブメントシリーズ。乔祺斯ブランド今般豊富自制ムーブメント製品範囲の動きをまとめ、「新しい研究開発のムーブメントを整備しただけでなく、既存のムーブメント製品のシリーズ、そして技術と美学を設立した新ベンチマーク業界に。この動きは、ブランドの発展を促進し更に固めIWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニー高級タブ領域のグローバルリーダーの地位。」http://www.yoshidawatch.xyz/