伝説の名作ウォッチ「タンク」に、十数年ぶりの新作が登場!

SIHHの盟主的存在であり最高のデザイン力と宝飾時計技術で、世界を魅力する時計造りを展開するメゾン「カルティエ」。その偉大な歴史は宝飾時計を中心に、時計史に残る数多くの“不朽の名作”で彩られている。

2009年からは自社開発ムーブメントを搭載した複雑時計コレクションを展開。総合時計メゾンの座を着々と固めつつある。今年、2012年も、思わずため息の出る芸術的な宝飾時計の新作に加え、ミニッツリピーター・フライング・トゥールビヨンを筆頭に時計愛好家を驚喜させる複雑時計の新作が登場した。

しかし、2012年最大のトピックはなんといっても「NEVER STOP TANK」というフレーズとともに発表された、時計史に輝く不朽の名作「タンク」の十数年ぶりの新作コレクション「タンク アングレーズ」だ。

1917年のオリジナルモデルにはじまる、カルティエ ウォッチ最強のアイコン。その最新作は、歴代の名作の中でも誉れ高い縦長の「タンク アメリカン」、スクエアの「タンク フランセーズ」とも異なる、それでいて完璧なバランスを持つ美しいフォルムが最大の魅力。しかも、そのフォルムをより完璧にするため、操作性に優れた2段式のリュウズはケース右サイドに美しく一体化された。

なお、ローマ数字インデックス、レイルウェイ分目盛り、ブルースティール製の剣型針など、タンク伝統のディテールは変わることなく継承されている。ケースサイズはSM、MM、LMの3サイズ展開。男女を問わず、いつかは手に入れたい名作がまたひとつカルティエの歴史に加わった。また「タンク ルイ XL エクストラフラット」という超薄型機械式手巻きモデルや、奇抜さと独創性を受け継ぐ大胆なデザインの「タンク フォル」が登場した。タンクの歴史と価値を知る人には、こちらも絶対に見逃せないモデルだ。

ラグジュアリーの真髄を極める、ファッション&ジュエリーの世界

メゾンから届いた優美なコレクション&ジュエリー
2012年春夏パリ・オートクチュールコレクション
1月、各メゾンから2012年春夏パリ・オートクチュールコレクションが発表された。最上級の素材と、伝統の技術を手に宿す職人たちの手仕事によって作り上げられるコレクションは、ファッションの粋を超え、芸術と呼ぶにふさわしい。ここではコレクション期間中に発表されたファインジュエリーに注目。

厚みのあるフォルムながら、限りなくエレガント

新型ムーブメントCal.9300系を搭載し、その輝かしい歴史のなかではじめてふたつのサブダイアルをもつクロノグラフ「オメガ スピードマスター プロフェッショナル 9300」が、スピードマスター シリーズにラインナップした。

3時位置のサブダイアルには、60分と12時間の積算針が同軸上にならんで、優れた視認性を確保。また、あたらしくなったコーアクシャル脱進機にて使用されるバランスホイールは、耐久性に優れたシリシウム(Si14)を採用。4年間の保証を実現した。

ケースサイズのバリエーションは3種類。プラチナケースとオレンジゴールドケースにはエナメル製ダイアル、SSケースにはブラックダイアルという組み合わせ。ボックス型のサファイアクリスタル製風防を表・裏の両面に備え、より多くの光を誘導。裏から眺めるムーブメントは美しさを増している。

名作がリニューアル「シーマスター プロダイバーズ300M」

リニューアルに際して大きな変更は、ベゼル素材に、ブルーとブラックのセラミックを使用。耐傷性が高まっただけでなく、光沢感あるダイアルとの相性も抜群で、より美しく、ラグジュアリーなスポーツウォッチの印象が深くなった。

さらに、夜光塗料にも変更をくわえ、ベゼル上のドット表示と分針にはグリーン発光の、インデックスと時針にはブルー発光の、ホワイトスーパールミノヴァを採用。暗闇や深海で、ブルーとグリーンに色分けされたマークにより、必要な情報をより素早く読み取ることが可能になった。

搭載ムーブメントは、オメガの独自技術である「コーアクシャル脱進機」を採用。ケースサイズは41mm径と36.25mm径の2種類が用意され、ケースバックに刻まれたシーマスターのシンボル“シーホースのレリーフ”は大型化し、より迫力あるルックスが楽しめる。

「ウブロ」が蜷川実花とのコラボウォッチ発表。伊勢丹新宿店で先行販売

高級時計ブランド「ウブロ(HUBLOT)」のポップアップイベントが伊勢丹新宿店本館1階ザ・ステージにて6月12日から18日まで開催される。

イベントでは、写真家・蜷川実花の作品を採用した限定ストラップを組み合わせたコラボレーションウォッチを先行販売。限定ストラップは蜷川が得意とするフラワーやバタフライモチーフがプリントされた3種で、各38mm、41mmの「ビッグ・バン」、33mmの「クラシック・フュージョン」の3サイズがそろう。

また、国内初の試みとして、「ストラップバー(Strap Bar)」を開設。定番のラバーを始め、カラフルなタイプやアリゲーター、デニム、アニマルプリントなどのバリエーションから好みのストラップを選ぶことができる。

6月14日19時からは蜷川と女性ファッション誌『ダズル(DAZZLE)』編集長・髙際香里によるトークショーも開催予定。

ウブロは1980年にスイスで創業した高級時計ブランド。ブランド名のウブロ(HUBLOT)とはフランス語で「舷窓(げんそう)」を意味し、船の丸窓を連想させるケースとビス使いが特徴。同年、時計の見本市「バーゼル・フェア」で高級素材であるゴールドのウォッチケースとカジュアルなラバーストラップを組み合わせた時計を発表し話題となった。2005年には “The Art Of Fusion(異なる素材やアイディアの融合)”を新コンセプトに掲げた「ビッグ・バン(Big Bang)」、2010年には、完全自社開発ムーブメント「ウニコ(Unico)」を搭載したモデルを発表している。

「ジバンシィ」から、リカルド・ティッシが初めて手掛けるウォッチ登場

(GIVENCHY)」より、クリエーティブディレクターのリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)が手掛ける初のウォッチ「セブンティーン(Seventeen)」が登場する。

ブランド名はティッシのラッキーナンバーにちなんだもの。ケースはシンプルなデザイン。蛍光の文字盤にはルミネセンスインデックスを用い、クラウンやバックルにはゴールドプレートがポイントとしてあしらわれた。動力はステンレススチールとサファイアガラスから作られたスイス製クオーツムーブメント。また、裁ち切りのレザーのストラップと、ナイロン製グログランのストラップの2本が付属。ユニセックス仕様。

カラー展開はブラック、アントラサイト、レッド、グリーン、スチール、ゴールドの6色。価格は8万から11万円。6月12日から新宿伊勢丹メンズ館で先行発売され、8月から一部のジバンシィショップでも発売する。

誕生50周年、タグ・ホイヤー「カレラ」が松屋銀座をデコレーション

ブランド「タグ・ホイヤー(TAG HEUER)」のコレクション「カレラ」誕生50周年を記念して、松屋銀座店の外壁が30日まで“タグ・ホイヤー色”にデコレーションされている。

カレラの初代モデルや最新モデル、ブランドアンバサダーのレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)、彼らのエンジンである自社クロノグラフムーブメント「キャリバー1887」、レッドとグリーンのブランドロゴなど、様々なアートビジュアルが外壁を装飾。

カレラは、カーレースを愛し自らも参加した現名誉会長ジャック・ホイヤー(Jack Heuer)が、1964年発表したクロノグラフウォッチ。モチーフとなったのは、メキシコ合衆国内の総延長3,000kmを5日で走破する過酷な耐久レースとして知られたが、多数の死者発生を受け1955年に中止された「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」。タキメーターを搭載した白黒のパンダエディションの初代カレラは、欧米のトップレーサーの間で人気となり、ラグジュアリーウォッチコレクターの憧れのクロノグラフの一つとなっている。その後、特許を取得した世界初の自動巻きクロノグラフ「カレラクロノマティックキャリバー11」を69年に発表した。

カレラは「フェラーリ(Ferrari)」ドライバーのジャッキー・イクス(Jacky Ickx)、クレイ・レガッツォーニ(Clay Regazzoni)、マリオ・アンドレッティ(Mario Andretti)、カルロス・ロイテマン(Carlos Reutemann)、ジョディ・シェクター(Jody Scheckter)などのレーサーに愛用され、ホイヤーがオフィシャルスポンサーを務めていた70年代のフェラーリスクーデリアのメンバー全員に自分の名前と血液型を彫ったゴールドのカレラを寄贈。以降も、デヴィット・クルサード(David Coulthard)、キミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)、フェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)、ルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)、ジェンソン・バトン(Jenson Button)、アラン・プロスト(Alain Prost)など著名レーサー達に愛用されている。

青山ホス店内にブレラ・オロロジがオープン。国内最大の取り扱い店舗に

(HOSU)」の青山店(東京都港区南青山6-11-3)に、ミラノ発時計ブランド「ブレラ・オロロジ(BRERA OROLOGI)」のショップインショップが、来月15日にオープンする。

50種類以上が展示販売され、国内最大の取り扱いショップとなる。ブレラオロロジが提案するクラシックなスタイルと、HOSUがコンセプトに掲げる、古き良きデザインに時代を融合させる「チューニング」の、共通する世界観を表現したディスプレイが施される。

ホスはオリジナルブランド及び買い付け商品を販売するアパレルショップ。中目黒、青山、三軒茶屋などに店舗を構えている。ブレラオロロジは、時計業界において30年以上におよぶ経験を積んだ創始者のマウリツィオ・パシィ(Maurizio Pasi)により2008年に設立。ニューヨークを皮切りに、アジア、南米、ヨーロッパでの販売が開始。「ブレラ」はパシィの育ったミラノ中心部の地区名、「オロロジ」はイタリア語で時計の意。

収益金は木造仮設住宅の建設で被災地支援おこなう「LIFE311」に全額寄付

10月16日(日)~22日(土)に東京ミッドタウンを中心に開かれる「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク東京」に合わせて開催される「GINZA FASHION WEEK」。銀座の2大デパート 松屋と三越がタッグを組み、「JAPAN POWER~日本人の底力~銀座から日本の価値観を再発進・銀座を、日本を元気にする!」をテーマに、世界に誇る日本のデザインや技術、クリエイターを集めたイベントを開催する。今回、そのなかでも注目度の高いブランドとして、「ヒーミー」が選ばれ、リング「the earth」が限定販売される。

「ヒーミー」はアンティークのように100年後にも残るジュエリーを目指し、繊細なものづくりをおこなっている下川宏道氏によるブランド。下川氏が3.11以降のさまざまな想いや葛藤、世界中の人びとからのあたたかい支援への感謝の気持ちを込め、幅広のシルバーリングに日本などの国々をあしらった「the earth」をつくりあげた。

「the earth」の売り上げ、収益の全額は、坂本龍一氏が代表を務める森林保全団体「more trees」が岩手県住田町と連携して展開する被災地支援プロジェクト「LIFE311」に寄付され、住田町に建設された木造仮設住宅の建設費用にあてられるという。

「この指輪をもち、いろんな意味での“重み”のようなものを感じてもらいたい」という下川氏の想いが詰まった「the earth」。3.11を過去に押しやることなく、さらには復興への希望が込められたリングとなっている。

エンコルディア™ コードブレスレットに秋冬を彩る新色登場!

品質を超えた厳しい基準で選ばれ、熟練した職人によって、その美しさと輝きを解き放たれたフォーエバーマーク ダイヤモンド。人気のエンコルディア™ コードブレスレットにこの秋新色のダークブラウン、キャメル、フューシャ、パープルの4色があらたにくわわった。

フォーエバーマーク エンコルディア™ コレクションは、古代ギリシャから伝わるもっとも強い結び目であり、絆の象徴として知られる「ヘラクレスノット」がモチーフ。柔らかな曲線を描くシルエットでありながら、強い結び目とその中央に配されたダイヤモンドが「永遠の絆」を表現しているという、フォーエバーマークを代表するコレクションだ。

カラーは、新登場した4色のほかにも定番色である白、黒、ブルーも引きつづき展開。シンプルでありながらラグジュアリーな雰囲気を醸し出すブレスレットはデイリーにも、クリスマスや年末のパーティーなどにも活躍してくれそうなアイテムだ。

豊富なカラーバリエーションのなかからお気に入りのカラーをシンプルにひとつだけつけてアクセントにしたり、重ね付けで個性を表現したりと、幅広い楽しみ方を提示してくれるエンコルディア™ コードブレスレット。さて、あなたはどのカラーとともに秋冬を過ごしてみたい?